スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口県立萩美術館 浦上記念館 

昨日、雁嶋別荘の帰り、奥さまの願いで浦上記念館へ。

ここずーと、花と紅茶のお勉強をしているのでマイセン磁器を見てみたいと言う。
昨日4月8日から
「華麗なるマイセン磁器」展が始まったばかり。

桜花びらが咲き誇る臨時駐車場へ車を止めて美術館へ。
入り口でなぜか朝10:00に花見弁当を広げている家族を不信に思いながら内部へ。

一時間かけてマイセン磁器を見ました。
私は「王者の藍」という藍色を使った磁器に惚れましたね。
いい色でした。

外には「tys」の中継車があり、中に入るとカメラクルーがカメラを構えて陣取ってます。

取材でした。

奥さまと二人で見ているうちにそのカメラクルーに突然話かけられ、
「今からカメラを回すんで、そこら辺に立って磁器を見ていてもらえませんか?」

と依頼があった。

私は断りましたが、奥さまが気軽にいいですよと返事。
仕方なしに見ている感じを二人で出しました。
実際カメラを無視して見てましたが。

「はい、ではそろそろ来まーす」の声。

2秒くらい経って
「ありがとうございましたぁ」

短っ!!!

感じからしてどうも生放送くさい。
「ちぐまや」だとピンと来ました。

アナウンサーが訳の分からない昔のカッコをしていたし。

ショーケースの周りにはなぜかマイクが置いてある。

まあ無事に全て見終わって、臨時駐車場で少し花見。
デジカメを忘れたので携帯で撮りました。
二人で交互に桜をバックに写真を撮っていると、

「二人の写真を撮りましょうか?」と若い女の子が声を掛けてくれました。
しかし二人で「いや、いいです」とあっさりお断り。

本当に二人で一緒のフレームに収まろうという気も起こらなかった。
結婚5年・6年も経つと何も思わないのねぇ。
ごめんね、女の子さん。

その後「萩焼会館」「しーまーと」へと車を進めた。
うちと奥さまの両親にお土産を買うため。

気に入ったものを買って岐路に着く。
写真はしーまーとにあった自販機でキットカットの缶があったので珍しいと思い、写真を撮った。

また帰りの道の駅で夏みかんソフトを食す。
おいしいですねぇ。

で、昨日の夜中にあった「ちぐまや」の再放送をビデオに撮って今朝見てみました。

全てなぞが解けた。

まず美術館の入り口で弁当を広げていた家族は、TVに出ていたんですね。駅弁を無理やり食べさせられたんだ!
なるほど。

アナウンサーが昔のカッコをしていたのも、面白さを出すため。

で、我々の出演シーンは・・・

最後、エンディングシーン。
駅弁のシーンから浦上記念館のシーンへ。
桜からサルの磁器。
そして男女のカップルが遠くでショーケースを覗いている。
これだ!!
時間にして2~3秒くらいか。

二人の後姿が写ってました。
いや、別にそれだけでした。

hagi06.jpg

hagi07.jpg

hagi01.jpg

hagi08.jpg

スポンサーサイト

雁嶋別荘 at 萩 <温泉旅行> 

昨日と今日、一泊二日で温泉旅行。
山口県は萩市へ。

奥さまと二人での、久々の温泉旅行だ。

周南市から車で1.5時間。
徳地から山口に抜けて萩市まで。

雁嶋別荘

まあ分かりにくいところにこの温泉宿はありました。
松本川を渡ってすぐの横道を左へ曲がったその先に雁島別荘があります。

萩警察署方向から行くと、看板はありません。
しかし”しーまーと”側からは看板がありました。
でも分かりづらい。

部屋は広く、ひのきの湯船が部屋に付いてます。

大浴場には露天風呂。
部屋は温泉ではありませんが、大浴場は温泉。
金曜日とあって泊り客が少なく、大浴場は一人での個人風呂状態。

つい泳いじゃいました。

料理は上品な味。今回はすっかり写真を撮ることを忘れてしまった。ごめんなさい。
今まで温泉に行ってきましたが、そのどれにも負けない味。

和食ですが、濃すぎず薄すぎず、最高の味付け。
非常においしくいただけました。

部屋から見える景色もいい。
部屋から見える萩城址・松本川もいい感じ。

天気も良くていい旅行でした。

hagi02.jpg

hagi03.jpg

hagi04.jpg

hagi05.jpg

冠梅園へ 

本日、会社を休んで奥さまと冠梅園へ。
本日2月27日は結婚記念日。
無事6年目を迎えることができました。

で、どこかに行こうかという話になって、近場の光市冠梅園へ。

朝少しは早く起きて行こうかと思ったのだが、最近の疲れが溜まっているせいか、起きたら10:00過ぎてました。

結局昼になってしまったが、梅の花をゆっくり見ました。
でもまだ蕾だらけ。
???

梅の季節は、普通もう終わりのはずなのに。
見ごろは今週末くらいでしょうね。

で、すごい人の数。
おじい、おばあばかりでしたけど。
若いのは俺らくらいかなぁ。

まあ大して若くないけど。

で昼飯は「ちどりだいにんぐ」でイタリアン。
これまたすごい人数。
30分くらい待ってやっと入れました。

イタリアンなんだけど、釜飯もあったりするので、若い人からお年寄りまで入れるのが魅力なんでしょうね。

今回は写真なし。
ブログのために食事している感じがして。
少しは味の方に気持ちを入れたいと思ってね。

まあ、おいしかった。
プロシュートという生ハムピザはおいしかったねぇ。
アラビアータは、ちょっと一味足りない感じ。
新鮮な小エビはぷりぷりしてて、とっても良かったが、
パスタソースが少し水っぽかった。

少し残念。

でもトータルではおいしかった。
値段も手ごろで、冠梅園に行かれたら、その麓にあるこの店に行ってみてはどうでしょうか。

0227001.jpg

0227002.jpg

0227003.jpg

0227004.jpg

0227005.jpg

0227006.jpg

夢乃井温泉夕やけこやけ <旅行> 

では、昨日のつづき。

食事は部屋食ではなく、食事処で食べる。
飲み物は別料金で、メニューの中から好きなものをチョイス。

ビールだとお腹が膨れて、料理を食べきれる自信がなかったので奥さまと二人で梅ワインを注文。
甘いが何にでも合い、選んでよかった。

食事は椅子に座って食べる。
各個室に分かれていて、他の人のことを気にしなくても良い。
頃合いを見計らって仲居さんが料理を運んでくれる。

私ら夫婦は美味しいものだと無言で、且つとてつもないスピードで食べるので、タイミングを計るのに苦労したのではないだろうか。

一度、「お待たせしてすみません」って言われたし。

食事は前菜からスタート。
地のもの・季節の旬のものが一口サイズで並べてある。
食前酒として、地元のにごり酒を飲んで食べ始める。

料理はデザートまで入れて9品。

秋の旬の「松茸」も約2本/一人食べられ、秋野菜もおいしく、
活きのいい新鮮な伊勢海老の御造りも食べることができた。

夢乃井温泉 夕やけこやけ

炭火で焼いた松茸と、松茸の土瓶蒸しは格別。
こりこりと歯ごたえの良い松茸を上品なポン酢醤油で食べ、
香りの良い土瓶蒸しを、ぐいっと胃に注ぎ込む。

至福の瞬間。

夢前牛も柔らかく、肉の旨みを損なわないように薄く味付けされ、
これにまた松茸が乗っている。
写真を撮るのを忘れて食べてしまった。
(写真は半分だけ。奥さまの分が残った状態です)

アイデアものの、秋野菜のカクテル。
3種類のドレッシングで串に刺してある秋の温野菜を一口にほおばる。
この3種類のドレッシングが野菜とマッチングして、口に運ぶ手が止まりません。

揚げ物もパリッと揚げてあり、全てが新鮮で最後の方に出てきたのに、まるで今食べ始めたかのような勢いで食べることができた。
油っこくなく、いいお味。

ラストはごはんもの。
付け合せの香の物も美味しく、ばくばく食べることができた。
赤みそ汁も、ミョウガが刻んで入っており、濃い味にさっぱり感を加えられて、絶妙なバランス。

最後のデザートはラベンダーアイスとケーキ。
ケーキは3種類の中からチョイス。
奥さまはマンゴーケーキ(写真)、私はチョコレートケーキ。
ケーキを作る腕も確かなようで、目を見張るうまさ。
ラベンダーアイスも、爽やかさを与えてくれるおいしさ。

全てにおいて満足。
器も全てオリジナルで、料理に合った形、色。
全てにおいて考えてあることがわかります。


朝食は和食と洋食を選ぶことができる。
私は和食、奥さまは洋食。

日ごろは朝食をほとんど食べず、お菓子だけを取る私が全て食べることができた。

カレイの一夜干しと豚汁。
赤米のごはんと香の物。大根おろしの付いた卵焼き。
眠たい朝でも美味しく頂けた。

奥さまの洋食はパンとプレーンオムレツ&炭火焼鶏肉、上品なスープ。
美味しそうに、全てを平らげておりました。

部屋も食事も抜群。
予約もすぐ一杯になるようですから、早めの方がいいですよ。
20050925162528.jpg

20050925162546.jpg

20050925162607.jpg

20050925162627.jpg

20050925162650.jpg

20050925162707.jpg

20050925162724.jpg

20050925162751.jpg

20050925162807.jpg

姫路へ 夢乃井温泉に行ってきました<旅行> 

昨日9月23日から姫路 夢乃井温泉に行ってきました。
山口県から約2時間30分で姫路へ。
その後、姫路バスに乗ること約40分。
道沿いにある夢乃井温泉に到着。

夢乃井温泉 夕やけこやけ

今年の3月に温泉に行ったが、それ以降どこにも行ってなかった。
最近は色々あって、ストレスが溜まっていたので、温泉に行こうと二人で決定。
そこでうちの奥さまが、私の要望である「部屋に露天風呂があるところ」をネットで探した。

今年の8月にオープンしたばかりの「夢乃井温泉 夕やけこやけ」を見事に探し出し、1ヶ月前に予約を取って昨日から1泊2日の旅行。
本日帰ってきました。

はっきり言いましょう。
グッド!!
とても良かった。
ゆっくり出来て好き勝手に風呂に入れるし、部屋も広くきれい。
さすが最近できたばかり。

仲居さんはまだ慣れていないところもあったが、一生懸命さが伝わってきて好感が持てた。
エステも非常に気持ちよく、眠りに誘われたほど。
男でも、奥さんと一緒ならエステを受けることが出来る。
私はクレームバスという、頭のマッサージをしてもらいました。
奥さんはリフレクソロジーを受け、これまた眠ったそうです。

部屋風呂もたっぷり入れて、身体がぽかぽか。
部屋に備え付けのバスローブを着て、ゆっくり風呂と部屋、ベランダで過ごすことができました。

こちらに用事がないかぎり、仲居さんも来ることはなくゆったり過ごせてリラックスできた。
いい連休を過ごすことができた。

また自由にコーヒーが飲めるラウンジがあり、常においしいコーヒーが置かれているサービスもありました。

そして料理もすばらしい。
料理については、明日のブログで述べましょう。

興味のある方はリンクから夕やけこやけを見てみては?
20050924205835.jpg

20050924205350.jpg

20050924205414.jpg

20050924205330.jpg

20050924205315.jpg

20050924205736.jpg

20050925162838.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。