スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たむら<山口県の店> 

本日、「たむら」で夕食。
ふく料理のコースだった。

ふくの刺身、ふくのからあげ、ふくちり。

最後はふくちりでの雑炊で閉めた。
山口県周南市徳山駅を北に上ったところにある、徳山高校の少し南に下がった近くにある。

メイン道路から一本西にずれた道沿いにある。

いつもながらおいしい。
本日は平日ながら満席だった。
人気があります。

ふくの本場でも中々食べられませんから、本日は堪能できました。

スポンサーサイト

山さとうどん<山口県の店> 

本日、墓参りツアー。
最初にうちの実家の墓、次に奥さまの実家の墓、最後に奥さまのお母さんの実家の墓と3箇所巡った。

最後は光市へ。

午前にスタートを切って、昼前に最後の墓参りが終わった。
帰り際に、いつも気になっていた店へ。

今まで何度も前を通っても、駐車場がいっぱいで入れなかった店。
「山さとうどん」
(一番上の写真)

その名のとおり、うどんのお店だ。

本日は
私「てんぷら定食」(一番下の写真)
奥さま「トクトク定食(小)」(真ん中の写真)

いい値段だったが、おいしかった。
うどんのコシがあり、だしは甘め。
炊き込みご飯も程よい味付けで、飽きない味。

てんぷらは海老天が2本も付いていた。
その海老がまた、プリプリ。
そして衣はカリカリの熱々。

天つゆで食べると最高においしかった。

うどんも巨大で、いつも定食だと足りない私がもう満足と思ったほど。

奥さまは海老天にからあげ、炊き込みご飯のおにぎりにうどんの小サイズ。
それでもお腹がいっぱいになってました。

味も量も文句なし。

オススメです。

「山さとうどん」
住所
山口県光市大字小周防2044番地

0312_01.jpg

0312_02.jpg

0312_03.jpg

創作亭「28」<山口県の店> 

本日、奥さまとお昼ご飯を外食。
最初は、「アントニオ」というイタリアンの店に行こうとしたのですが、店舗が移転ということで、急遽変更。

創作亭「28」というお店へ。

本日のランチを食べた。
お昼はパスタ(1650円)とスイーツ(1550円)という、大きく分けて2つのランチがある。
その中でも数パターンのランチを選ぶようになっている。

デザートも含んでおり、いい感じ。

二人ともスイーツランチ、白金豚の鉄板焼きを注文。
ノンアルコール カクテルを追加で頼み、
スープ、メインディッシュ(サラダ付き)、デザート(3つから選べ、コーヒーか中国茶が選べるようです)と食す。

スープは春雨ともやしが別々の食感を与え、さっぱりした味がとてもグッド。

白金豚は目の前の鉄板で焼いてもらう。
甘い肉のにおいが食欲をかき立てます。

ちょっと、それ塩振りすぎ!?って思うくらい(実際、私と奥さまはそう思ってました)塩を振り、黒コショウをかけてマスターが一口大に切ってくれた肉を半月皿に盛って、特製ソースをかけた後、ご飯とサラダとともに目の前に。

一口ほおばると、塩はちょうど良い。
マスター、ちゃんと肉質を確認されてます。
無言で食べてしまいました。(いつものおいしい場合の反応です)

ご飯には、赤いプチが振り掛けてあります。
この赤いプチがおいしさ倍増。
梅+かつおを秘密の方法でこのような形にされているそうです。

どこの店にも売ってないから、ここでしか食べられない。

デザートもグッド。
レアチーズケーキと里芋のケーキ。
ちょうどよい甘さ。

すべておいしい。
店の雰囲気も良く、これはペイザン、アラスカに引き続き、新たなる巡回店となるでしょう。

夜もやられているようですし、今度は夜に行ってみよう。
営業時間は
昼:11時~13時45分
夜:18時~22時

夜はコース料理が中心となるようです。

1600円、2800円、3800円、4500円、5500円のコースがある。

予約した方がいいと、店の奥さまに言われました。
(店はマスター=ダンナさまと奥さまの二人でやられているので、予約しないと出てくるのに時間がかかるそうです)

場所は徳山駅から東へ。近鉄を更に東に向かいます。
平和通りを北に上ると、右手にシダックスが見えます。
この北の道を更に東へ進むと高取整形があります。
もうちょっと東へ行くとこの「28」があります。

下の写真を見てください。
オススメしますよ。

28010.jpg28009.jpg

28002.jpg28001.jpg

28003.jpg28004.jpg

28005.jpg28006.jpg

28008.jpg28007.jpg

アラスカ<山口県の店> 

12月からこの正月まで、何にもいいことがなかった。
クリスマスも徹夜で、年末年始もトラブル続きで結局クリスマス気分も、正月気分も味わえずに終わり。

奥さまには、何にもやってあげることができなかったので、
今日は久々外食。

12月には行けなかった「アラスカ」へ昼飯を食べに行った。


だいたい月に1回は行くのですが、2ヶ月ぶりくらいかな。
昔から、周南市(旧徳山)駅前銀南街18番街の地下にある店。

うちの奥さまが働いていたときに良く行っていた店。

奥さまのお母さんも行っていたというから、それくらい昔からある。
昔ながらの洋食屋ですが、大変に美味しい。

私も映画を見るついでや、徳山の商店街に遊びに行ったときなど、よく昼食を取るために地下街に入ってましたが、この「アラスカ」には奥さまと結婚するまで行ったことはありませんでした。

まあ、私の場合のデートコースはもっぱら車で「ペイザン」でしたから。

でも、この「アラスカ」に行ってビックリ。

何を食べても美味しい。
店は暗く、雰囲気があります。
カウンターは7席、5人がけのテーブル2つと4人がけのテーブル2つ。

マスターと女性3人でやられてます。

ボリューム満点の料理と、美味しさが売りでしょう。

普通の昼間ではサラリーマンが多く昼食を取ってます。
休みの日には、そのサラリーマンの方が家族を連れて行ったり、若いカップルがいたり、親子3代で食べに来ている人たちも見かけます。

注文が入ってからマスターが作るので、少し時間がかかりますが、それでも待つだけの価値はあります。

昼食の時間はほぼ満席。
本日は13時10分過ぎに行きましたが、満席でした。
10分近く待って席に着けて注文。

本日は、奥さまと同じ「カニクリームコロッケとハンバーグ」にごはんとスープのセットを付けて一人2,000円の食事。
奥さまはごはん派ではないので、パンにしましたけど。

デミグラスソースが美味しく、カニクリームコロッケもまろやかで、つい無言で食べてしまいました。

私は美味しいものを食べるとき、どうも無言になるようです。
「青山」で食べたときも、温泉旅行で食べたときもそうでした。

徳山駅で降りて食事することがあったら、是非この「アラスカ」をススメます。

在来線口に下りて、右に向かいます。
近鉄松下方面です。
車が通っているアーケード街に出て、そのまま近鉄松下に向かいます。

その対面にマクドナルドが見えたら、そのすぐ横に地下街に下りる階段が見えます。
下の画像のような「18」と書いてあり、店の案内の看板が見えます。

後は降りていくだけ。
大して広くないので、すぐ見つかります。

時間は12時前がいいのかな。
今日は14時でも満席でした。
いつ行っても満席と思っていたらいいです。

ランチセットもありますし、色んなものが食べられます。
周南市に住んでいてまだ行ったことない人は、是非行ってみてください。

arasuka003.jpg

arasuka004.jpg

arasuka001.jpg

arasuka006.jpg

arasuka005.jpg

ひさびさペイザンへ<山口県の店> 

本日、奥さまと二人で宇部までドライブ。
目的は宇部空港までの道案内。

奥さまが11月に再び東京へ行くのに、飛行機を使うとのこと。
前回は送り迎えをしたが、次回は平日の行き帰りのため、一人で車に乗って宇部空港に行くのに迷子になる心配があるとのことで、奥さまの運転で私が道を教えることになった。

で、帰りにペイザンに寄って昼食。

さすがにペイザンは混んでます。
よってカウンター席に座ることになった。

1年ぶりくらいかな。
ひさびさ。奥さまとは付き合っている頃から良く行ってました。
味はまったく変わっておらず、相変わらずおいしい。

本日はカルボナーラ・スパゲッティとボローニャ・ピッツァ、食後にエスプレッソに溺れそうなアイスクリームを頼んだ。

カルボナーラは濃厚な卵とチーズのソースに絡められており、そこに塩味の効いたベーコンと黒こしょうが飽きさせない味へと変化させる。

ボローニャは、イタリア特有の薄いピッツァ生地にミートソースとミンチ肉が乗っており、その上に更にチーズとモッツァレラチーズが散りばめられ、自家製の窯で焼かれることでパリッとした食感とミートソース&肉が深い味を与える。

それにチーズが更にまろやかさを加えて、お腹に充実感を与える。
これに、ピリッとしたオイルをかけると更に味わいが増し二人でペロッとピッツァを食べることができた。

カウンター席では目の前で職人さんのピッツァ作りを見ることが出来ます。
二人でじーっと見つめてしまいました。
手際がいいですね。食事をしている最中に10枚以上楽にピッツァを作ってました。

最後に食後のデザート。
エスプレッソを冷たく冷やされた器に乗ったアイスクリームに注ぐと、
ほど良い苦味とアイスクリームの甘さが渾然となって絶妙な味わいを口の中に残す。

最近はペイザンに行ってなかったけど、やっぱりまた行くことにしよう。

今日は結婚式があったようで新郎新婦が艶やかな姿で1Fから2Fを移動していた。
2Fで結婚式ができるらしい。
ペイザンの美味しい料理が食べれるのであれば、出席者も喜ぶでしょうね。

ペイザンの外観を写真に撮ることを忘れてしまった。
外観写真は隣の雑貨屋さん。

ペイザンに来ると必ず寄る店。
かわいいものが置いてあるので、行ってみてくださいな。

(窯でピッツァを焼いている写真を撮ったら、幽霊みたいに私の姿が映ってしまった。)

peizan005.jpg

peizan003.jpg

peizan004.jpg

peizan002.jpg

peizan001.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。