スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノダービー(前半) 

H)インテル 0 VS 1A)ミラン。インテルフォメ:4-4-2、ミランフォメ:4-5-1。
インテルメンバー
GKトルド
DFファバッリ、ミハイロビッチ、コルドバ、サネッティ
MFスタンコビッチ、カンビアッソ、ザネッティ、ベロン
FWビエリ、マルティンス
ミランメンバー
GKジダ
DFカラーゼ、マルディーニ、ネスタ、カフー
MFセードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、ルイコスタ、カカ
FWクレスポ
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。(ルイコスタ、カカがクレスポの後ろに並ぶ)
今日は、前半のみ。前半は得点入らず。両チームともDFライン崩れていない。特にカフーは15分までほとんど上がっていない。
前半3分マルディーニのヘッドクリアボール→前線ルイコスタ、ワンタッチで落とす→カカ、ダイレクト→ルイコスタ、ドリブルで持ち込みシュート。キーパーセーブ。
このときのミラン動きはスペースを有効に使ったもの。カカが中央でルイコスタからパスを受けた時、DF2人がカカにプレスしてきた。そのときルイコスタ前方のスペースが空き、ルイコスタがそのスペースにパス&ゴーで走りこみ、カカからパスを受けドリブルシュートしている。
また、ルイコスタとカカのワンタッチパスをしている間に、セードルフが左からカカの後ろをダイアゴナルランしてルイコスタのシュート時にゴール右ファーでクロスを受けるかこぼれ玉を押し込める位置取りをしていた。
カカもパスを出したあと、そのままゴール中央に走りこんでルイコスタからのパスを受けることも、こぼれ玉を押し込むこともできる位置にいた。
クレスポも、右サイドからダイアゴナルランでカカが作ったスペースに走りこんでいた(ルイコスタと重なっていたけど)。
全員が貪欲にゴールを狙える位置にいたことがわかる。
同7分ザネッティが一人かわして前線中央マルティンスへスルーパス。PAサークル付近でボールキープし、抜け出そうとするが、カラーゼがスライディングで阻止。こぼれ玉がそのままビエリへ。トラップ大きすぎ、ジダセーブ。
同20分セードルフ→カカ、ワンタッチ→中央ピルロ、右へミドルパス→カフー、ライン際を上がってクロスを上げるが、ゴール前誰も触れず。(ニア:クレスポ、中央:ルイコスタ、ファー:セードルフ)
同24分カンビアッソ、パスカット→中央右スペースへミドルパス、マルティンス右サイドに開いてクロスを狙おうとするが、ネスタがゴールとの間に体を入れ、ゴールに向かせないようプレッシャーをかけ、カラーゼと2人で囲い込んでボールを奪う。ネスタ、さすがうまい。
同25分スタンコビッチ、中盤底からミドルパス→マルティンス、ポスト→ベロン、左前のビエリへダイレクト→ビエリ、シュートフェイク入れて左に走りこんできたカンビアッソへパス、シュートするがキーパーキャッチ
同36分カラーゼ(負傷)→セルジーニョ交代
同38分こぼれ玉をザネッティ、パス→中央ベロン、ダイレクト→左からPA右へダイアゴナルランしてきたスタンコビッチ、シュート。ネスタに当たる。
同41分マルティンス、右スペースに開いてボール受けるが、ネスタ・マルディーニ2人につかれて止められる。
同43分ベロン、右サイドでセードルフかわしてクロス→PA左ファーでスタンコビッチダイレクトボレー狙うもジャストミートせず。
同44分マルディーニ、DFラインからロングパス→中央カカ、パス&ゴーで中央右へ→ルイコスタ、ポストし、パス&ゴーで左前方スペースへ→カカ、左前方へスルーパス出すも、ルイコスタ追いつけず。
この左前方スペースは、クレスポが左サイドからPA右サイドにDFを1人引き連れてダイアゴナルランしたことで生まれたもの。
同44分こぼれ玉拾いザネッティ、PA右スペースへスルーパス→マルティンス、そのまま右に開いてクロス→ビエリ、クロスボールが後ろになるも、ワントラップし前に向こうとするがネスタクリア。→こぼれ玉、ベロンシュートするもジダスーパーセーブ。このまま前半終了。
インテルは、ベロンがフリーに動いてゲームを作ろうとしている。チャンスが生まれるのは、マルティンスが絡んだとき。特にマルティンスがサイドに開いたときがマークが外れかけてチャンスになる。でもやっぱり、ネスタうまいから、なかなかフリーになることはできない。
マルティンスが右に開かないと、攻撃はほぼ中央のみ。
ミランは、カフーが上がらないため、ディフェンスは安定していたが、チャンスもあまり長続きしない印象。また前半は左サイドからの攻撃が目立った。
自ら空けたスペースや偏って守備陣がいないスペースを有効に利用した攻撃が多い。攻撃が不発に終わっても、DFラインはあまり乱れていない。中盤底にピルロとガットゥーゾが上がらず残っているからだと思う。
ピルロのボールキープのうまさと、ルイコスタ・セードルフの動きの量が多いことが目に付いた。
ダービーだから、両チームとも慎重ですね。今日はここまで。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/10-5d4555a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。