スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィオレンティーナVSミラン シェバの2発で逆転勝利<サッカー:セリエA> 

H)フィオレンティーナ 1VS2 A)ミラン。後半開始早々シェバの得点で追いつき、同9分シェバのヘッドで逆転勝利。
フィオレンティーナは優位にゲームを運んでいたが、得点を決められずシェバの2発で逆転負け。パッツィーニが何度も外したことが最後に響いた。しかしパッツィーニの動きは終始問題なく、多くのチャンスに絡んでいたのは事実。シェバとパッツィーニの決定力の差が大きく現れていたと言える。マレスカ、パッツィーニ、キエッリーニ、ヨルゲンセン、ミッコリは切れており、ミランに対して終始いいゲームをしていた。ボールポゼッションも互角で、shots on goalは圧倒的にヴィオラ。最後で外したのと、入ると思ったときにコスタクルタに邪魔されたりと運がなかったこともある。ミランDFはあまり崩れなかったが、それでも数度は崩れていた。そのときパッツィーニが決めていれば結果は変わっていただろう。
ミランは、CLを睨んだターンオーバーでピルロ、セードルフ、クレスポをベンチに置く布陣。ピルロの代わりをルイコスタが務めており彼なりに良く頑張っていた。しかし、後半からピルロが投入されるとやはり格が違うのがはっきりとわかった。このポジションでルイコスタを使って、それでピルロと比べてはいけないのだけれどね。ピルロのパスでミラン攻撃はやはり加速される。さらにグランドを広く使ったサッカーになり、パスの出し手・受け手の意思が通じ合っているとしか思えないタイミングでパス出しと動き出しが行われる。ほんとにまったく違うね、ピルロは。
全体を通してミランはパスミスが多かった。特に最後に近いところと、自陣の深いところ。疲れがたまっているのかもしれない。来週にはユーベとの一騎打ちがある。これまでにはベストを取り戻したいところ。
前半10分ミッコリ、PA内で一瞬フリーとなるが、カフーが詰めてきたところでシュート→ゴール上へ外れる
同17分マレスカ、右サイドでドリブル、キープ→逆サイドへチェンジ→キエッリーニ、左サイドを上がりアーリークロス→ヨルゲンセン、PA内右サイド、何とかヘッドで折り返す→パッツィーニ、ヘディングシュート→クロスバーに当り、跳ね返る→こぼれ玉、ヨルゲンセン拾いミッコリへ→ミッコリ、PA内右サイド、ドリブルし、マイナスのグラウンダークロス→ゴールニアのヨルゲンセンには合わず。個々の技術が光ったプレー。
同24分右CKミッコリ→キエッリーニ、ヘッドでスタムと競り、ボールがキエッリーニに当ってネスタへ→ネスタに当ったボールは前方に跳ねる→これをマレスカがヘッド。1VS0。ヴィオラ、先制点。
同41分左サイド、ミッコリ、クロス→ゴールニア:パッツィーニ、ヘディングシュート→ゴール右へ外れる。おしい。
後半0分左サイド、セルジーニョ、アーリークロス→ゴールニア:トマソン、ファー:シェバ。ニアでDFがトマソンと競るがボールには触れず→シェバがファーであわせる。1VS1。DFボールウォッチャーと化しシェバをフリーにした。
同9分中央ルイコスタ、左サイド、セルジーニョへロングパス→セルジーニョ、切り返しでDF一人をかわしクロス→ゴールニア:トマソン、ファー:シェバ、ファーのシェバがヘッドで合わせる。1VS2。キエッリーニ、ボールウォッチャーと化しシェバをフリーにした。シェバはキエッリーニの裏に出てヘッド。ヴィオラ二度目。
同15分ルイコスタ→セードルフ
同18分ヨルゲンセン、一人で左サイドをドリブルでぶち抜きキエッリーニへパス→キエッリーニ、シュートするもゴール左に外れる。おしい。ヨルゲンセン、両足を使った巧みなドリブルでミランDFを翻弄。
同23分パッツィーニ、PA外サークル左よりシュート→GKセーブ。
同23分トマソン→ピルロ
同26分中央ピルロ→PA内右カフーへロングパス→カフー、トラップしシュート→GKはじいて、それを更にシュート→ゴール右へ外れる。
同28分右サイド、マッジョ、グラウンダークロス→スタム、スライディングするもボールに触れず→パッツィーニ、ゴールニアでトラップ&シュート→コスタクルタの足に当ってゴール右に外れる。とてつもないチャンスだった。コスタクルタ、いいところに居ます。
同32分キエッリーニ→ボジノフ
同39分セルジーニョ→パンカロ
フィオレンティーナフォメ:4-4-2。ミランフォメ:4-3-1-2。
ヴィオラメンバー
GKセハス
DFキエッリーニ、ビアーリ、ウィファルシ、マッジョ
MFヨルゲンセン、ドナデル、マレスカ、アリアッティ
FWミッコリ、パッツィーニ
ミランメンバー
GKジダ
DFコスタクルタ、スタム、ネスタ、カフー
MFセルジーニョ、ルイコスタ、ガットゥーゾ、カカ(3-1)
FWトマソン、シェフチェンコ
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。










  • 楽天スクデット セリエAの他チームサッカーユニも多数あるよ

  • ああそういえば中田について書き忘れていた。ベンチで出場機会なし。他のチームに移れるのであれば来期移った方がいいと思うのだが。まあそれも中田がヴィオラに居たいと思うのであれば話は別。でも試合に出れず、かわいそうではある。

    スポンサーサイト

    Comments

    TBありがとうございます

    TB返ししました。
    試合内容がが細かくてわかりやすいですね。

    今週は欧州CLなので楽しみです。

    トラバ Thanks

    すごく、細かく書いてますね。

    へたなHPよりていねいですね。
    これからちょくちょくお邪魔します。

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/102-cdd62a0a

    マッチリポート 4/30 第34節 フィオレンティーナ VS ミラン

    【結果】フィオレンティーナ VS ミラン         1-225マレスカ     46、55シェフチェンコ【スタメン】☆フィオレンティーナ┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑨CFミッコリ┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑪CFパ

    • [2005/05/02 18:56]
    • URL |
    • チキの私的サッカー館 |
    • TOP ▲

    対フィオレンティーナ戦

    2-1でミランの勝ち。 シェフチェンコリーグ戦で久しぶりの得点。しかも2得点。 フィオレンティーナは降格がかかっているために必死。 攻めに関してはやはりホーム試合なのかフィオがかなり攻めまくっていた。 はっきり言ってヤバイ場面がいくつかあったのは事実。 シュート

    • [2005/05/02 20:27]
    • URL |
    • tomoko0310の趣味の語り場 |
    • TOP ▲

    すべてはピッチに置いてきた。

    フィオレンテイーナvsミランルイ・コスタを初めて見た日、彼は11番をつけてプレーしていた。今から12年前の1993年、それはアメリカW杯予選のイタリア対ポルトガルの試合でのことだった。ピッチには、ラウールやガジャルドのアイドルであり当時の僕のアイドルでもあった“孤高

    • [2005/05/03 13:29]
    • URL |
    • Fiorentina - VIOLA MANIA on ... |
    • TOP ▲

    ピルロとルイ・コスタと中田英寿

    久しぶりにフジテレビのFOOTBALL CXから、セリエAの試合「フィオレンティーナVSミラン」を見ました。チャンピオンズリーグ優勝とスクデットを狙うACミランと、降格圏から脱したいフィオレンティーナの戦いはなかなかの好試合だったと思います。スタメンは以下の通

    • [2005/05/03 16:47]
    • URL |
    • WALKING SOUTH |
    • TOP ▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。