スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらWCCF 

2月18日とうとう新versionの発表があった。次はヨーロピアンクラブス。セリエA、リーガエスパニョーラ、プレミアリーグ、エールディビジの4大リーグから14チーム選抜されるとのこと(詳細は公式HPを見てね)。まあWCCFでのチャンピオンズリーグみたいなイメージなんだろう。セリエAでもミランは確定らしいから(AOUでのカードでわかったらしい)、「カカ」を使うことができる。これはうれしい。今のversionは2002-2003だから、カカ出てないしね。ピルロも評価低いし。いつ新versionになるかわからないけど、なるべく早く出して欲しいね。もう同じ選手ばかりで飽きたし。新キラばっかり出されてもゲーセンから足は遠のく。お金ばっかりかかるからね。
で、自チーム紹介。今3チーム作ってるけど、まず一番面白いチームを。
FW BSロナウド、ISリヴァウド、LEアスプリージャ
MF 白スタンコビッチ、追加アンブロジーニ、ペロッタ
DF 旧パヌッチ、ITカンナヴァロ、追加トリージ、ゼビナ
GK デサンクティス
SUB FW黒キエーザ MF 追加ルシアーノ、白カモラネージ、ラムシ、DF 旧ユリアーノ
フォメは4-3-3。スタンコビッチとペロッタがCMF、アンブロジーニがDMF、リヴァウドが中央からロナウド、アスプリージャにスルーパスを出して得点を狙う。もちろんリヴァウドは得点もするし、スタンコビッチが上がってきてシュートも打つ。自分のイメージは中盤ミラン(3センターね)。どこが?と思うかもしれないが、スタンコがセードルフ、ペロッタがガットゥーゾ、アンブロジーニがピルロの役目。ついでに、リヴァウドがカカで、アスプリージャがシェバ。他はまあ許して。このゲームで3センターが機能するかを確かめる実験的チーム。けっこう狙い通りペロッタがプレスし、アンブロジーニが拾って展開、スタンコビッチがつめるということになる。あと面白いのが、キエーザとゼビナ、トリージ。キエーザは左サイドを切り裂いてクロスを上げたり切れ込んでシュートしたり、右からのクロスをボレーシュートしたり。決定率、ゴール内へのシュート率も高い。まるでキラのような選手。ゼビナは「79」という数値とは思えないほど守る。当たり負けもしないし、いいところにいるし、DFもうまい。トリージもカバーリングがうまく、オフサイドトラップを良くかけ、チャンスを未然に防ぐ。そして、パヌッチは外せない選手。使った人はわかるのでは?交代要員としてスタンコビッチ→カモラネージ、アンブロジーニ→ラムシ、DF→ユリアーノ。切り札はルシアーノとキエーザ。攻撃に行くとき、逆転に行くとき使う選手。このチーム、結局はリヴァウドを中心にしたB-C-G連携のチームなんだけどね、はは。

DSCF001s.jpg

DSCF002s.jpg

ピルロ、能力低すぎますよね。このゲームでは中盤の底からのゲームメイクやトップ下を機能させるのは難しい。スルーパスも斜めに出したりできないかな(運がいいと出るときあるけど)。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/12-38ecfb0f

今日のルカ・土岐

開始時:18勝1敗4分:トニ 23点:C.ルカレッリ 17アシスト23試合終了時現在チーム経験値がMAXになっていないのは、パンカロ、チャモ、ディ・リーヴィオ、エムレ、セルジーニョ、キエーザ、ジラルディーノの7人です。こちらが基本フォーメーションおよびメンバーです。終了時:19

  • [2005/06/25 16:45]
  • URL |
  • WCCFを楽しむ方法 |
  • TOP ▲

今日のクエスト オブ D 81

開始時:65勝6敗13分:スクッリ 99点:ホセ・マリ 84アシスト:PSC、EPC、THC、KCC制覇初めてCCに挑戦します。プレイヤーが3人出場していましたが、1回戦はヤング・エランドUtdと対戦です。ホセ・マリ-スクッリ ラインでホームは快勝しました。アウェイは気を抜き過ぎたせいかヴ

  • [2005/06/25 16:46]
  • URL |
  • WCCFを楽しむ方法 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。