スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンターについて<サッカー:日本代表> 

実はあまり心配していないのです、カウンターについては。

なぜかって?それは中田、俊輔、小野の3人がそろうから。

バーレーン戦では中田と俊輔、小野が中盤に入ることは確実でしょう。
そうすればパスミスによるカウンター、または中盤で奪われてのカウンターが圧倒的に減ると思うのです。
中田・俊輔はサイドに流れてボールをキープするでしょうし。

  • 【0520WEセール】 日本代表W杯予選突破へオーセンティック+オフィシャルマーキングby楽天スクデット

  • また中田・俊輔は、中盤でのプレッシャーが如何に相手の攻撃をディレイさせることができるか、セリエAで十分に知っているはずです。

    UAE戦のような中盤及びバイタルエリアでのノープレッシャーはなくなると思います。
    前線でプレッシャーをかけてやれば日本のDFといえども、まあまあの働きはできるでしょう。

    プレスがうまくいき、中盤でボールを取ることができれば中田・中村・小野を起点とした日本のカウンターができるのではないでしょうか。

    もちろんカウンター対策は必須です。
    というか、カウンターに限らない守備、プレッシャーを相手に与えるということが必要です。
    高温・多湿ですから、選手の体力を考えるとプレスのかけどころを考えないといけませんが。

    まあ、あまり戦術論やフォーメーションにばかり気を配っても仕方ありません。
    今はただ日本代表メンバーを信じて応援したいと思います。




    スポンサーサイト

    Comments

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/171-c9f8a7db

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。