スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リケルメの価値、大久保の価値<ビジャレアルVSマジョルカ> 

(H)ビジャレアル 2 VS 1 (A)マジョルカ。ビジャレアル、フォルランの活躍で逆転し勝利。
ゲームはビジャレアル前半のオウンゴールにより、動き出す。
前半15分ラミス、右サイドアーリークロス→PAサークル付近、このクロスをDFトラップするところをアランゴ左サイドから現れボールをさらう。そのままPA右スペースへ浮き玉スルーパス→ルイスガルシア、シュート→DFハビベンタ、シュートをクリアしようとしてオウンゴール。0VS1。
同32分ユリアーノ→コルテース(故障により交代)
同35分マジョルカ、カウンター。DFにディレイさせられるが、右サイドよりクロス→ルイスガルシア、ゴール前プルバックしてDFマークを外しPA内中央右よりノートラップシュート→ゴール右へ外す。ルイスガルシア、クロス上がる前に一旦ゴール方向に動き、その後ゴールと逆方向に下がる動き=プルバックをしてDFを外した。実にいい動きだ。FWのお手本だね。
後半10分ホセマリ→フィゲロア、ソリン→ホシコ、ビジャレアル交代で勝機をつかみに行く。
同17分中盤左サイド、センターラインよりリケルメ、グラウンダーパス(まっすぐ前へ)→フォルラン、左サイド浮き玉クロス→PAサークル、フィゲロア、胸でトラップ後さらに左足でボールの勢いを殺し、ショートバウンドでシュート。1VS1。フィゲロア、トラップでDFを一人かわしている。監督の采配ずばり的中。
同25分カンパーノ→ホルヘ・ロペス(故障による交代)
同33分ロメオ→大久保
同37分ゴール前にロングパス。大久保走り込むが、GKクリア。このとき大久保GKにひじうちまがいのことをして、GK・DFに文句を言われる。さらにその後のプレーでDFをうしろから突き飛ばし、GK・DFとやりあう。
同38分中盤左底、セナ→リケルメ、右サイドスペースのカソルラへスルーパス→PA内右サイドまでそのまま進出し、グラウンダーの早いクロス→キーパー取れず、ファーのフォルランがゴールに押し込む。2VS1。ゴールニア:フィゲロア、ゴールファー:フォルランがDFの前にポジションを取っていることで勝負がついた。
同43分フォルラン→アルソ。ゲーム終了。
ビジャレアルは、リケルメ中心のチーム。リケルメのボールキープ力、パス能力を皆が信頼していることがわかる。後半42分の左から切れ込んでドリブルシュート、44分のDF2人に囲まれながらキープし、このプレーによって生まれたスペースにスルーパスを出したプレー等々リケルメのうまさ、能力の高さが随所に現れたゲームだった。また、フリーに動いて玉を受け、パスを出し、タメを作っていた。このタメによりスペースへ動く時間が生まれ、チームがグラウンドを広く使ってゲームしていた。リケルメはこのチームに不可欠の男だ。
マジョルカは前線からプレスをかけ、中盤でボールを取る狙いのサッカーをしていた。ボール奪取後はカウンターを仕掛け、ルイスガルシアが決めるという形が多い。
大久保はチームにとって有効な動きを出来ていない。やはり連携不足だろう。自分がイライラしているのか、気合が空回りしているのか、相手との摩擦が生じている。イエローやレッドに気をつけないといけない。このゲームでもあまりボールが回って来ず、来てもロングボールくらい。やはりルイスガルシアの信頼には到底及ばない。彼とのコンビネーションが良くなれば、まだチームにフィットしていけるのではないかと思う。
ビジャレアルフォメ:4-3-1-2。マジョルカフォメ:4-4-2。
ビジャレアルメンバー
GKレイナ
DFアルアバレーナ、ベーニャ、ロドリゲス、ハビベンタ
MFソリン、マルコス・セナ、カルソラ、リケルメ
FWフォルラン、ホセマリ
マジョルカメンバー
GKモヤ
DFポリ、ユリアーノ、バジェステロス、ラミス
MFアランゴ、ファリノス、デロスサントス、カンパーノ
FWルイスガルシア、ロメオ
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/18-1d5bd42b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。