スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代のサッカーについて<サッカーを楽しく見る方法> 

現代のサッカー。
それは中盤がコンパクトで、攻守の切り替えが早いサッカーのことである。

簡単に言うと、
①3ライン(DFライン、MFライン、FWライン)が狭い
②DFラインが高い(オフサイドをかけるためね)
③FWから守備をするためのプレスをかける

FWとDFにギュッと中盤が圧縮された状態でサッカーをする。
よって中盤でのボールの奪い合いが多くなり、攻めては守り、ボールを奪っては攻めようとする動きが中盤で頻繁に起こる。

このため「攻めだ」「いや、守りだ」という動きが多くなり、必然的に攻守の切り替えが早くなる。
(まあ、守りから攻めへの切り替えを早くすると相手守備陣の体勢が整っていないのでチャンスとなるからね。)

よって中盤では、ボールを持つと前から後ろから囲まれ(パスコースを切りながら囲い込み、プレスをかける)ボールを奪われる確立が高くなる。

これを打破するための動きが
①ダイレクトプレーによるパス回し
②サイドアタック
③サイドチェンジ
④個人技(ドリブル)

ダイレクトで回すとプレスをかける前に次の選手にボールが回るため、プレスできないことになる。よってダイレクトプレーが続くほどチャンスが増える。

サイドアタックではラインを右(左)側に見てプレーするため、中央で持つより囲まれる人数が少ない。よって奪われる確立が低くなり必然的にチャンスを生む確立が高くなる。

プレスをかけてくるということは、相手選手がボールサイドに寄っているということ。
つまりボールがないサイドはがら空きになっているため、そのがら空きのサイドにボールを回せば好き勝手にプレーできビッグチャンスとなる。

個人技は言うまでもない。囲まれても取られない、抜いて行ければプレスの背後は必然的にスペースがあるためビッグチャンスとなる。

よって現代サッカーでは、中盤の中央・底に全体を見てどかんとサイドチェンジできる選手を置いて、両サイドにはドリブルが得意な選手や、足の速い選手を入れてサイドアタックを仕掛けるサッカーとなっている。

今のはやりは4-3-3のFWにウィングを置くシステムだね。
もしくはSBに強力な突破力を持った人を置いた4-4-2だ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/205-21499da7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。