スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいサッカーだ<鹿島vsG大阪> 

久々Jリーグの試合を見た。鹿島、いい攻めをするじゃないですか。ということで本日はこの試合について。(H)鹿島 2 VS 2 (A)G大阪。G大阪リードに2度鹿島が追いつき終了。
両チームともパスを回して攻め、DF~前線をコンパクトにしてプレスをかけるという戦術。こういう戦術の中ではドリブラーの存在が重要になる。鹿島では本山、G大阪では二川。ワンタッチ・ツータッチでパスを回している中でドリブルすると、DFの対応が混乱し、且つDFをかわすことによりプレス陣形が崩れ、スペースが生まれビックチャンスとなる。二川は得点シーン、本山は前半に数度見られた。
鹿島は美しいと言えるサッカーをする。前線の鈴木、アレックス、小笠原、本山がポジションチェンジをして攻める。また両SBが上がり、グランドを広く使う。ミドル・ロングパスによるサイドチェンジも多い。細かいパス回しをするかと思えば、前線スペースに誰かが進出すると、DFや中盤底からロングパスが出る。私が好きなバルサやミランに近いスペースを利用したサッカーだ。
G大阪もそれに近いサッカーは出来ているが、スペースを利用できたのは後半鹿島が攻撃にシフトチェンジしてきたときからだ。大黒の動き自体はスペースを使おうとしたものだが、まだチーム戦術として出来ていないと感じた。
NHK衛星放送で見たが、NHKのアナ実況は民放に比べてはるかにいい。選手名も間違えないし、動きを正確に言う。そしてうるさくない。また解説の木村さんもうるさくなくて良い。いいシーンやまずいシーンでうなったりするのがまたGOOD。だから私は日本代表戦を見るときもNHKだ。
前半42分二川緩急をつけたドリブルで左サイド切り裂きクロス→アラウージョ、ゴール前に飛び込み足で合わせる。0VS1。鹿島DFボールウオッチャーとなり、アラウージョの飛込みをブロックできず。
後半23分FK→本山中央右からアーリークロス→PA内アレックス・ミネイロ、ヘディングシュート。1VS1。
直後24分PA前からワンタッチパス交換、フェルナンジーニョ→大黒→フェルナンジーニョ、シュート。2VS1。あっという間に勝ち越し。
同35分カウンター。左サイド深井→右サイド野沢へサイドチェンジロングパス、相手DFにディレイされパス→アレックス、中央へパス→フェルナンド、ミドルシュート。2VS2。低い弾道のミドル。キーパー手前でバウンドしゴール。フェルナンドの左足は正確。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/21-82f96c61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。