スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレスを打破するのはやはりロナウジーニョのドリブル 

(H)バルセロナ 2 vs 0 (A)アスレティック・ビルバオ。バルサ、前半に2点を入れ、それを守りきり勝利。
両チームとも、中盤のスペースをコンパクトにし中盤でプレス、ボール奪取を狙っていた。まるでセリエAを見ているよう。まあ、それでもセリエAほどプレスがきつい訳じゃないけど。
バルサは、まあ今までの私のブログを読んで頂いている方はわかると思うが、ポジションチェンジを行い、両SBが上がってグランドを広く使ってサッカーをしている。これは変わりない。しかし相手が中盤でしっかりプレスをかけてくるため、なかなかボールが前に行かなかった。マルケスの上がりも前半はなく、後半に2度あった程度(その後交代したがね)。バルサにとって良かったのは、ジュリが怪我から戻ってきたこと、マルケスの怪我もたいしたものじゃなかったこと、デコの気管支炎が長引かなかったことかな。
戦い方はやはりバルサ。ロナウジーニョが持つと、左SBのシウヴィーニョやデコがスペースに進出する。デコはスペースがあると前線に顔を出し、シュートコースが空くとミドルを放つ。これが1点目(記録は相手DFのオウンゴール)。マルケスは今回あまりあがらなかった。ベレッチやシウヴィーニョが上がったスペースをプジョルやオレゲールが埋めに行った時のDFラインのスペースや、DFライン前のバイタルエリアをよく守っていた。マルケスやプジョルからのロングは今回あまり無く、後半に入ったデミーのサイドチェンジが目立った。ジュリの体調が良かったのもあるが、やはり右WGはイニエスタよりジュリだね。もちろんイニエスタはいい選手であり、MFのどこでもやれる才能もあるが、ジュリの攻撃力にはやはり勝てない。後半はエトーとポジチェンジして真ん中に位置取りしていた。
ビルバオは、左SHデル・オルノと右SHイラオラからのクロスをFWエスケーロ、エチェベリアが決めるという戦術。後半からジョレンテが入って機能し始めた感あり。エチェベリアはセカンドトップというイメージね。エチェベリアが1.5列からダイアゴナルにスペースに飛び出すシーンがあったが、バルサのようにチーム戦術に浸透していないから、なかなかうまくいかなかった。中盤のチェックが激しく、バルサにチャンスメイクをさせなかったところは評価できる。ジェステが怪我から復帰したらまた違うのだろうけど。まあ、面白みの少ないゲームだった。
前半14分ロナウジーニョ、中央またぎフェイントして左前方のスペースへスルーパス→シウヴィーニョ、クロス→エトーには届かず
同15分右SBベレッチこぼれ玉拾いパス→センターサークル、ロナウジーニョ、プレスをかわしながら中央右スペースへスルーパス→右サイド、ジュリ、ダイアゴナルに走りこむ→GK前へ→それを見たジュリ、左へ横パス→PA内左スペースへ走りこんだエトー、ボールが足に入りすぎてダイレクトで打てず→何とかキープしてオーバーヘッドクロス→右サイド、ジュリ、ダイレクトシュート、が足にはヒットせず。このプレー、まさにバルサ。ジュリなんか、ロナウジーニョがプレスをかわした瞬間から(パスが出る前)ダイアゴナルに走りだしてる。もう意思が通じてるね。
同19分マルケス、センターサークルからパス→デコ、PA外右8mからシュート→DFに当たり、コース変わってゴール。1vs0。
同38分エトー、ポスト→ロナウジーニョ、ドリブルで突っかけ、PAサークル5m手前(バイタルエリア)DF一人がプレスに来るところを右のジュリへパス(足元)→トラップ後、PA内右から右足アウトにかけてシュート(ゴール左サイドネットへ)。2vs0。
後半開始ハビ・ゴンザレス→ジョレンテ(左SBにデル・オルノ、左SHにエスケーロが入り、TOPにジョレンテ)
同16分グルペギ→ティコ
同17分エスケーロ、シャビパスをカット、こぼれ玉を拾って左サイドドリブル、横パス→エチェベリア、PA内右に流れシュート→GK身体ではじく
同20分デコ→イニエスタ、マルケス→アルベルティーニ
同25分ジュリ、右サイドもって上がり、中央ロナウジーニョへパス→ロナウジーニョ、ドリブルシュート→GK正面。このときエトーがジュリとロナウジーニョの間を右から左サイドに向けてダイアゴナルにフリーラン。この動きによりDFが左に引っ張られ、DFライン中央にスペースが生まれた。このスペースにロナウジーニョがドリブルして入り、シュート。まさにバルサ。スペースの作り方、使い方が抜群にうまい。
同33分エトー→マクシ・ロペス
同34分ロナウジーニョ、左からきたボールを右足でトラップ。直後身体を左回転させながら、右足で前方にスルーパス。声がでてしまったよ、このプレー。
同34分エチェベリア→ゲレーロ
同35分ロナウジーニョ、中央ドリブル突破(同時に右サイド:ジュリ、左サイド:マクシ・ロペスが走っている)→左スペースへノールックパス(逆サイドルックパスって感じかありゃ)→マクシ・ロペス、シュート→GK正面ではじく(強烈!)
バルサフォメ:4-3-3。アスレティック・ビルバオフォメ:4-4-2。
バルサメンバー
GKビクトル・バルデス
DFシウヴィーニョ、オレゲール、プジョル、ベレッチ
MFシャビ、マルケス、デコ
FWロナウジーニョ、エトー、ジュリ
アスレティック・ビルバオメンバー
GKアランスビア
DFハビ・ゴンザレス、ルイス・ブリエント、ラクルス、ムリージョ
MFデル・オルノ、オルバイス、グルペギ、イラオラ
FWエスケーロ、エチェベリア
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/23-fafa5d2b

リーガ・エスパニョーラ第28節 バルセロナ 対 ビルバオ

さるおです。 久しぶりに、ほとんど初めてじゃないのか、バルサの試合をオンタイムで観たぞい。スポーツというのは、ライブでないと意味がない。久しぶりに、意味があったな(笑)。 心配していたマルケス、デコ、ジュリもスタメン出場。こないだ白いマドリーが舐めてかかって

  • [2005/03/16 06:12]
  • URL |
  • さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。