スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本VSブラジル 戦える自信1年後に期待<コンフェデレーションカップ> 

日本 2 vs 2 ブラジル

世界との距離は確実に縮まっている。
1年後どうなっているか、非常に楽しみ。
あとはFWの決定力を如何につけるかということが課題。

日本は前半開始直後、前からプレスをかけにいったが、個人技でかわされることから、じわりじわりと全体で引くことになった。

よってボールを奪っても前線へのパスコースがなく、素早いパス回しができず、ドリブルで動いてパスコースをさがすため、ブラジル勢に囲まれボールを奪われるというシーンが目に付いた。

ビッグチャンスでブラジルをキリキリ舞させたのは、ダイレクトパスが中盤で繋がって、相手DFライン近辺までボールを運べるときだ。

前半3分の加地オフサイドのシーンや前半半ばでのシーンがそれだ。
ブラジル相手でも十分通用することがわかったのは収穫。

パスの精度・スピードを高めれば、ポスト、1・2パス等素早いパス回しからの得点も、セットプレーと同等の、日本の武器となるのではないだろうか。

得点されたシーンは、2点ともサントスがDFの1枚にいたとき。

1点目はロナウジーニョ、ホビーニョを2枚のDFで見なくてはならなくなったときである。ホビーニョのウェーブの動きにサントスが付いていけなくなった。(といっても右サイドに流れたホビーニョとは逆の左サイドに選手が入ってきていたから動けなくなったとも思える。けど位置取りは中途半端)

2点目はホビーニョの左クロスをロナウジーニョがシュートしたシーン。
DFラインは前のアドリアーノを見ていたが、サントスはフリーであった。DFラインの前のスペース=バイタルエリアにロナウジーニョが進出してシュート。
サントスは気付くのが遅れ、シュートブロックに入ったが間に合わなかった。

サントスが悪いとは言わない。
もう少しDFとしての練習をさせた方がいいのではないだろうか。
特に左サイドバックとして起用するのであれば、もう少しDFとしての訓練が必要である。

ブラジルは、個人技+パスワーク+スペースメイキング+スペースの利用と何でもやれる。
カカはロナウジーニョとポジションチェンジしたり、DFラインまで顔を出して組み立てたり。
ロナウジーニョはドリブル・パス共に日本勢を苦しめた。


ブラジルと日本の共通点。
ジーコがめざすサッカーとブラジルのしていたサッカー。
全く同じだったことに気付きましたよね。

DFでパスを回し、周りがスペースに動いてパスを受ける。
素早いパス回しと周囲との連動。
両サイドバックが機を見て上がってクロスを上げたり、内に絞ってシュートする。

あと必要なのは、ボールをゴールに入れるという才能を持った人と、スペースを切り裂くドリブラー。
そうすればブラジルにも勝てる・・・かも

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/232-40f5d985

コンフェデレーションズカップ2005グループリーグ第3戦結果+ワールドユース

 日本対ブラジル。ここまで見ごたえのある試合になるとは思っていませんでした! ブラジルに1点目決められたときは、やっぱ無理あるよなぁ・・・って思いましたが、加地のオフサイド判定やったけどあのシュートは見事でしたし、中村のミドルは面白いように枠に吸い込まれ

  • [2005/06/24 18:25]
  • URL |
  • Runnaholic.Com |
  • TOP ▲

YEAH!!

遅ればせながらーの… コンフェデレーションズ杯 vs ブラジル戦 final s...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。