スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難に臨んでは苟も免れんとするなかれ「礼記」<名言・格言> 

難に臨んでは苟も免れんとするなかれ「礼記」

「なんにのぞんでは、いやしくもまぬがれんとするなかれ」と読む。

自分が正しいと信じている道であるならば、どんな困難が待ち受けていても避けて通ってはならないという意味らしい。

いい言葉だ。

<<中国古典一日一言 守屋洋 生活に役立つ知恵>>
icon

上司とのやり取りや、他課とのやり取りで揺らぐことは多々ある。もちろん人の意見を聞いて考えを改めるということに問題はない。
自分の知らないこと、自分が間違っていることはたくさんあるから。

でも自分の進む道や、どうしても譲れない部分については、やはりこの言葉に従おう。

じゃないと、自分の存在意義がなくなるかもしれないから。

風見鶏ではダメ。

自分の考えに芯が通って初めて、人として認められると思うから。


icon
icon


セブンアンドワイトップページ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/241-a8843189

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。