スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れるトッティ、後味を悪くする退場<ローマVSミラン> 

(H)ローマ 0VS 2 (A)ミラン。ローマは、デルネーリ監督辞任の後、ブルーノ・コンティ監督が引き継いだ1試合目。気合が入った試合だった。前半30分くらいまでローマ優位の試合展開。そこからは、地力の勝るミランがボールポゼッションを高め試合を支配し、後半に左サイドを基点にクレスポが2点に絡み勝利。
ローマは前半30分まで中盤でワンタッチの早いパス回しを行い、積極的にプレスを仕掛け試合を支配していた。特にペロッタ、ダクール、アクイラーニの3ボランチがDFライン前に壁を築き、堅い守備でミラン中盤に仕事をさせなかった。ダクールが中央に位置してゲームを作り、アクイラーニが右サイドから何度か左サイドに開いたカッサーノへミドルパスを供給していた。またアクイラーニは右サイドではパヌッチとパス交換しながら攻めあがったり、前線スペースへ進出したりと攻撃でも活躍していた。
対するミランは、前半30分まではローマに中盤を支配され、パスがなかなか前線に行かなかった。その中でもゆっくりとパスを回し自分たちの流れに変えていこうという意思が見られた。またカカ、セードルフがポジションチェンジを行い、左右に開いてスペースへ進出することでボールポゼッションを上げていった。
両チームともにトッティ・カカという攻撃的なMFをトップ下でフリーに動かして攻撃のタクトを握らせるものだが、SBの攻撃参加があるかないかで試合展開が大きく変わったと言える。ローマはほとんどSBの上がりがなかった。このため、後半は攻めても3トップが中央にかたまり、狭い地域でのパス交換に終始してミランDFに攻撃の目を摘み取られていた(まあそれでもトッティ-カッサーノというコンビは十分に怖いが)。対してミランはカフーかカラーゼが必ず攻撃参加していた。このため攻撃に厚さが加わり、且つサイドからの大きな展開と中央からの攻めという攻撃の起点が2つできて、攻撃パターンを読ませなかった。実際後半の2点は、左サイド、カラーゼが攻撃に絡んだものだ。
そして2点目以降トッティが切れて、アンブロジーニを蹴り、退場となった。キャプテンであり、ローマの中心であるトッティがこのような形で退場するというのは試合内容以上に残念だ。
前半10分セードルフ、パスミス→中央左カッサーノが拾い中央へパス→トッティ、スルー→中央右モンテッラ、持ち込んでシュート。ジーダ、セーブ。モンテッラのシュートは弱いゴロのシュートだった。
同13分PA外右10mピルロFK→カカ、右足で角度を変える、うまいシュート。GKゴール右へ出す。
同27分カッサーノ、モンテッラ、ポジションチェンジし、右サイドからカッサーノ低いクロス→モンテッラ、クロスに反応しPA内左より中央に入るが、スタムがモンテッラの前に入り右足でなんとかクリア。
同37分セードルフ、左サイドからアーリークロス→クフレ、トマソンの前に入りクリア。このとき、クレスポが右、トマソンが左にポジションチェンジしており、セードルフのクロスが上がった瞬間からお互いがダイアゴナルにPAに進出、クロスしてクレスポが左、トマソンが右という形になった。DFを迷わせるうまい動きだ。
後半2分セードルフ、ハーフウェーライン左からゴール前へロングパス→クレスポ、PA中央サークルでDFを背後に押さえながら右足トラップ、浮かして落ちたところをダイレクトで左足シュート→前に出てきてジャンプしたGKの足に当たってクリアされる。動きの中からでは最初のビッグチャンス。
同6分クフレ→スクルト(怪我)(パヌッチ左SB、スクルト右SBへ)
同17分モンテッラ→マンシーニ(左サイドへ)
同17分中央左、セードルフ→その前カカ→左サイド、カラーゼ、ノートラップでクロス→ゴールファー、クレスポヘディングシュート。0VS1。セードルフ、カカのパス交換により、カラーゼは左サイドでフリーとなった。ゴール前はPA外中央からトマソンがゴールニア、クレスポがゴールファーに入り、パヌッチに競り勝ったクレスポがゴール左スミに入れた。勝負強いね、クレスポは。
同22分中央左ピルロ→左サイド、カラーゼ→その前カカ、切り返しPA内へ→PAに入ってきたカラーゼとスイッチ→カラーゼ、DF引き付けてヒールパス→カカ、スライディングシュート→ゴール左に外れる。
同24分ミラン、敵陣内でパスを回す。中盤皆が動いてスペースを作る→左サイド、カラーゼ→セードルフ、スルー、そのままPAへ→トマソン、ワンタッチでパス→セードルフ、そのままPA内左からクロス→ゴールファー、クレスポヘディングシュート→パヌッチ、手で止める。PK。パヌッチ退場。これをピルロ決め0VS2。
同29分クレスポ→インザーギ(クレスポ、ご苦労様)
同35分トマソン→アンブロジーニ(守りに行く。セードルフ、カカ、トップ下のクリスマスツリーフォーメーション)
同44分カラーゼ→コスタクルタ
同44分(ロスタイム)トッティ退場(アンブロジーニの足をけった)
ついでに、次節スタムとカカはイエローカード累積により試合に出られません。
ローマフォメ:4-3-3。ミランフォメ:4-3-1-2。
ローマメンバー
GKクルチ
DFクフレ、キブ、フェラーリ、パヌッチ
MFペロッタ、ダクール、アクイラーニ
FWカッサーノ、モンテッラ、トッティ
ミランメンバー
GKジダ
DFカラーゼ、マルディーニ、スタム、カフー
MFせードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ(3-1)
FWクレスポ、トマソン
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。

スポンサーサイト

Comments

ローマ

こんにちは。トラバ有難うございました。
レアル同様、度重なる監督交替劇でシーズンが始まったローマ。それ以外にも色々醜聞があって、ようやく落ち着いてきたと思っていたのに、不運なシーズンとしか言いようないです。

  • [2005/03/22 12:13]
  • URL |
  • 間借り人
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

めちゃくちゃ悔しい。
その一言です!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/30-0f4cbe90

ミラン-ローマ最速レポ

ローマ、オリンピコでの試合。ローマは新監督に元ローマの名選手ブルーノ・コンティが就任してから初のリーグ戦。というわけでローマの選手はアピールのためにやる気満々。前半毎度おなじみの危険なロマニスタが発炎筒を投げ込んだおかげでピッチを白い煙幕が覆って

  • [2005/03/22 01:51]
  • URL |
  • サッカーフリーク |
  • TOP ▲

セリエA 第29節 ローマ vs ミラン

くっそ~、毎度毎度頭の悪い試合ばっかりしやがって。でもそんな気取りのないローマが俺は好き。(笑)絶対にバルセロナよりローマの試合の方が攻撃のレベルに関して(攻撃だけって言うところがポイント)高い!世界一ボール回しが速いはず。前半いい試合をしながら結局の所

ローマ戦勝利!そして首位

コッパでウディネーゼに負けて、これで調子狂ったらどうしよ?と 心配していたけど、

  • [2005/03/22 23:11]
  • URL |
  • LOVELY LOVELY WAY |
  • TOP ▲

【ACミラン】 またまた、クレスポ!!!ローマを下す! 【セリエA第29節】

セリエ第29節ASローマ  -  ミラン   0       2得点 クレスポ,ピルロ(PK)ミランGK ジーダDF カフー,スタム,マルディーニ,カラーゼ(90分 コスタクルタ)MF ガットゥーゾ,ピルロ,セードルフ,カカFW クレスポ(74分 F・インザーギ),トマソン(81分 アンブ

  • [2005/03/23 03:36]
  • URL |
  • ええんじゃない サッカーの醍醐味はスルーパスだ!!! |
  • TOP ▲

王子的

ローマ vs ミラン 0-2パヌッチとトッティがレッド!イエローも舞った!古代ローマ軍か、傭兵軍団ミランか?ま、熱くたぎる血潮より、金の力・・・・。今も昔も。ミランにネスタがいなかったので王子は空回りそれでも王子さまな役割してくれたトッティ。ゴールしたクレ

  • [2005/03/24 22:52]
  • URL |
  • 気になる? |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。