スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽諾は必ず信寡し「老子」<名言・格言> 

軽諾は必ず信寡し「老子」

「けいだくは、かならずしんすくなし」と読む。

安請け合いは不信の元という意味。

<<中国古典一日一言 守屋洋 生活に役立つ知恵>>
icon

大丈夫、まかしておいてください とか
わかりました、やりましょう などと人間言うのは簡単だ。

でも、何も考えず、その背後も調べもせず、
意味すらわからず、ただそのときの勢いで言ったり、
カッコをつけて言ったりすることがよくある。

こういうことをいう人が上司・リーダーだったりしたら、
もうどうしようもない。
自分だけでのことならば、失敗しても自分の信用をなくすだけで
済むが、部下がある身では部下にまでその被害が及ぶ。

上司の安請け合いを部下が一生懸命がんばって結果を出そうとする。
部下の負荷が増えるだけでなく、上司に対する部下の評価・信頼も
下がる。
そして組織としての評価も無論下がる。
何もいいことはない。

こんな上司・リーダーはいませんか?
もしいるなら、反面教師としてそうならないよう心がけましょう。

もし自分が安請け合いしているのであれば、今後のことを考えて
少し言葉を出さないように自重しましょう。


icon
icon


セブンアンドワイトップページ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/335-c953d524

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。