スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず「孟子」<名言・格言> 

天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず「孟子」

地の利は天の時(実行のタイミング)より重要であり、人の和(人の団結)は地の利(立地条件)より重要である。
よって一番重要なのは人の和である・・・という意味。

天の時、地の利、人の和。
兵法、戦術・戦略論などによく出てくる。
戦記物の小説でも出てきます。

戦いを成功させるには、戦争を起こすタイミング、軍を展開する土地の特徴の把握、軍隊の団結が必要だというもの。

孟子はその中でも、人の和が一番重要だと言ったのだそうです。

人をまとめ、一つの方向にみんなの意識を向けて物事を実行させる。
そうすれば、個人が各々やるよりもとてつもないパワーが生じ、
困難を打破でき、目標を達成できるというもの。

これは今の世の中にも言える。

会社の仕事でもリーダーを中心にその部下が一つにまとまれば、組織として個人の力を合わせたものの何倍もの力を発揮できるというもの。
今のリーダーにはこういう才能も求められる。

目的と目標。
これをはっきりとさせれば、自ずと組織はまとまってくる。
これを明確にできるリーダーこそ求められる人だ。

クラウゼヴィッツでもまた読もうかな。

4569563805
中国古典一日一言
守屋 洋

関連商品
中国古典「一日一話」―世界が学んだ人生の“参考書”
論語に学ぶ
朝の論語
ギリシア・ローマ名言集
中国古典の言行録
by G-Tools

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/366-5ecfd521

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。