スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバプールVSマンチェスターユナイテッド 見ごたえのあるドロー<サッカー:プレミアリーグ> 

リバプール 0 VS 0 マンチェスターユナイテッド

ホームのリバプールが押して試合をコントロールし、マンチェスターユナイテッドと引き分けた。
レッズはビッグチャンスが何度かあったが、シュートがゴールを外れたり、ファン・デルサルのセーブにより得点はできなかった。

見ていて楽しくなるゲーム。
見ごたえのあるドローだった。

プレミアユニホーム一覧

レッド・デビルズには前半20分から30分くらいと前半43分、後半立ち上がり5・6分と15分前後でチャンスはあったが、ものにできなかった。

最大のビッグチャンスは前半43分に訪れた。
リオ・ファーディナントがオーバーラップし、PA外右からスルーパス。これにファン・ニステルローイが反応しPA内右サイドからGKレイナの飛び出しを見てループシュートを放った場面。

これは惜しくもゴールネット上に外れた。

これを除いてゴールを感じさせるものはなかった。
チャンスメイクの場面は何度かあったが、得点の香りはしなかった。

動きが良かったのはルーニーとC.ロナウド。

ルーニーは左サイドからフリーに動いて中央・右・中盤底まで顔を出しゲームメイク。そのテクニックを生かしたドリブル及びキープ力で存在感を示した。

C.ロナウドは、足に吸い付くようなドリブルで右サイドを基点にレッズを切り裂こうと何度もチャレンジ。
ビッグチャンスをつくることはできなかったが、その動きと鋭いドリブルは評価に値するものであった。

プレミアリーグユニホーム一覧<楽天GBメモラビリア>


レッズは、ルイス・ガルシアがTOP下から右サイドをフリーに動いてチャンスメイクしていた。
ジェラードも左右の両サイドに進出したり、ゴール前に飛び出したりと攻撃を活性化させる動き。
二人がチャンスに絡んだ場面が何度もあった。

前半3分のルイス・ガルシアのスルーパスに反応しPAまで飛び出したところや、
同44分右サイドからアーリークロスでリーセにヘディングシュートさせた場面、
後半21分ルイス・ガルシアのパスを受けてPA外右よりミドルシュートを放ってファン・デルサルにはじかれたシーン、
同25分ルイス・ガルシアへ1・2パスを出し彼のシュートを演出、
同37分左サイドからクロスを上げ、ルイス・ガルシアのヘディングシュートに結びつけたところなど。

ジェラードはやはり不可欠の選手。
ルイス・ガルシアも攻撃に変化をつけるいい選手。
二人が絡むとビッグチャンスになると言える。


他の選手はというと・・・

シャビ・アロンソはパスを簡単にさばき、ゲームメイク。
キャラガーはDFラインの底から前線にロングボールを出し、攻撃リズムに変化をつけていただけではなく、DF裏をカバーリングして危ない場面を何度か救っていた。

クラウチは、ポストプレーにも光るものはなく、また回りがクロスを彼に合わせるような動きをしなかった。
ルイス・ガルシアやシャビ・アロンソのような選手には、DFラインの裏のスペースを狙える選手の方が合っているのではないだろうか。


両チームともなかなかDFラインを崩せず、中盤からDFライン手前でカットされカウンターという、攻守の切り替えが早いゲームであり、なかなかシュートまで行けなかったが、見ていて楽しい、見ごたえのあるゲームだった。

昨日のサンダーランドVSウエストブロムウィッチとはえらい違い。
やっぱりいいチーム同士のゲームは面白い。

マンチェスターユナイテッドユニホーム一覧<楽天メモラビリア>


リバプール:4-4-2 ユナイテッド:4-3-3
リバプールメンバー
FW:15クラウチ、10ルイス・ガルシア
MF:6リーセ、8ジェラード、14シャビ・アロンソ、24シナマ
DF:28ウォーノック、4ヒーピア、23キャラガー、3フィナン
GK:25レイナ
(左サイドから書いてます)


マンチェスターシティユニホーム一覧<楽天メモラビリア>


ユナイテッドメンバー
FW:8ルーニー、10ファン・ニステルローイ、7C.ロナウド
MF:18スコールズ、16ロイ・キーン、14スミス
DF:23リチャードソン、27シルベストル、5ファーディナンド、22オシェイ
GK:19ファン・デルサル
(左サイドから書いてます)





サッカーユニ多数 GBメモラビリア


  • 楽天スクデット サッカーユニ多数

  • 日本代表グッズ一覧ユニホームから小物までby 楽天スポーツショップ加茂
    スポンサーサイト

  • Comments

    TB有り難うございます。
    両チーム、確かにみごたえのある試合でした。
    ただ、決定的なチャンスといえば極わずかだったと思います。
    クラウチ自体はそんな悪くは無く、クラウチを生かす回りの動きの無さに少々物足りなさを感じました。
    結局、他の選手的にはパワープレイ的なものよりも
    スピードを生かしたものの法があっているように思え
    スタメンはシセ、サブでクラウチのほうが良かったんじゃないかな?と思えました。

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/388-374601e6

    プレミアシップ リバプールVSマンチェスターU

    プレミアシップ第6節 強豪同士の戦い序盤からお互い激しいプレスで、なかなかフィニッシュまで持っていけない。結局チャンスらしいチャンスも無く、試合終了~!この結果で、チェルシーが一つとびぬけた感が強いですね。これを追うのが1試合消化してないマンUが追う形と

    • [2005/09/19 21:35]
    • URL |
    • なんとなくの気になることの・・・ |
    • TOP ▲

    マンU×リバプール

    サッカーを応援するみなさんと、惰性でこのblogをチェックしていて、なんとなくサッカーのエントリも読まされてるみなさんこんばんは。 本日のマンUは宿敵レッズ、リバプールと対戦です。 しかし一番嫌いなアンフィールドでの試合です。 ハイベリーよりもシティ・オブ・マン

    リバプールvsマンチェスターU(プレミアWeek#5)

    アンフィールド。 VS 最近、エントリしたい試合が見れていませんでした。 再放送...

    • [2005/09/21 01:00]
    • URL |
    • FLEXな日々 - No Futsal No Life - |
    • TOP ▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。