スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その能を矜れば、その功を喪う「書経」<名言・格言> 

その能を矜れば、その功を喪う「書経」

せっかくの才能・能力も自慢したりひけらかしたりすれば、功績や地位も全て失ってしまうという意味。

鼻に掛けて自分の才能をひけらかす。
そうすれば才能のない人や、自分を嫌いな人に反感を与えてしまう。

その反感がひけらかした本人の全てを奪い去る。

中国古典一日一言

その才能を誇るわけでもなく、言葉・行動に知性を感じさせることができればいいのだが。

人というものは難しい。

自分の才能はひけらかしたいが、人の才能は疎ましい。
歳をとっていけばまた違うのかも知れないが、若い時分ほど才能を、時分の強さを人に見せつけようとする。

自分もそうならないよう気をつけていかないと将来足元をすくわれるかも。(才能があったとして・・)

4569563805
中国古典一日一言
守屋 洋

関連商品
中国古典「一日一話」―世界が学んだ人生の“参考書”
論語に学ぶ
朝の論語
ギリシア・ローマ名言集
中国古典の言行録
by G-Tools


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/402-a9a356f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。