スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルスラーン戦記 ひさびさの発売<小説> 

やっと出ました、アルスラーン戦記。
第1部の完結がH2年。
第2部の開始がH3年。
第2部2巻がH4年。
同3巻がH11年。(すげー7年も空いてる)

アルスラーン戦記11魔軍襲来「田中芳樹」

で、第2部4巻 最新巻「魔軍襲来」がこの9月に発売。
さっそく買って読みました。

何年待たせるんだ?

私の持っているアルスラーン戦記は文庫版で、且つ角川文庫から発売されたもの。
なぜか最近は光文社カッパノベルズから新たに出版されている。

で、絵柄も全く変わってしまいました。
天野喜孝から丹野忍(誰?)へ変更。
天野さんの絵柄、好きだったんですよねぇ。

ファイナルファンタジーや吸血鬼ハンターDの絵で。


まあいいとして、中身の方はというと・・・
前巻からも引き続き、アルスラーンもダリューンもナルサスも戦には出ない。

あまり言うと読んでない人にとってはおもしろくないので言いませんが、副題のように魔軍=ザッハーク軍がとうとう動き出す。

でもね、6年間も待たせた割には話は進みません。

タイタニアも途中で投げ出しているし、アルスラーンはどんどん遅れるし・・・
ワクワクするような面白さもパワーダウン。
第1部の方がはるかにパワーがあって面白い。

やっぱり田中芳樹さんは、銀河英雄伝説やアルスラーン戦記 第1部が一番おもしろいのかな。

魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/403-ff8bb638

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。