スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングストンVSセルティック 圧倒的な勝利<サッカー:セルティック戦> 

リビングストン 0 VS 5 セルティック

セルティック、圧倒的勝利。
前半に2点、後半に3点。

俊輔も良い動き。

得点、そしてアシストは記録できなかったが、攻撃では俊輔を経由するパターンが多く、最近は繋ぐサッカーの主役となっている。

スカパー!今ならご加入0円!初期費用無料

前半、俊輔は右サイドでプレー。
右サイドからぴたりと測ったようなサイドチェンジを見事に繰り出していた。美しくアーチを描き、味方の足元へピタリ。

右サイドを基点に俊輔にボールが集まり、攻撃のタクトを振るっていた。

後半は右サイドから中央でプレイ。

前後半を通して、彼がボールを持つと相手選手がファール覚悟でとめにくる。何度かFKのチャンスがあったが、前半26分のFKが一番おしかった。
あと少しで入るはずだったのだが、惜しくもゴール右に外れた。


ハートソンがスタメンから外れたがマローニーとビーティーの両FWが良く働いて得点を上げていた。

そんな中でも俊輔は攻撃の起点となり、また変化をつけるドリブルやパスでチームの勝利に貢献した。

セルティックはサイド攻撃、特に左サイドのカマラからのクロスをゴール前で決めるパターンが多いですね。
この試合ではこのパターン+セットプレーからの得点でした。

次は俊輔のスルーパスからの得点が生まれることを祈りましょう。



セルティック04-05ユニホーム

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/409-68772455

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。