スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユベントスVSインテル 雨中のイタリアダービー<サッカー:セリエA> 

ユベントス 2 VS 0 インテル

前半セットプレーからの2点で勝負が決まった。
前半21分イブラヒモビッチの低いFKをGKジュリオ・セーザルがはじいたところを詰めていたトレゼゲがヘディングシュート。見事にゴール左サイドネットに刺さって1点目。

セリエAユニホーム一覧

2点目は前半33分。
ネドベドのFKが見事にゴールに刺さったもの。

前半はユベントスが攻め、後半はインテルが攻めたがインテルは得点を奪えなかった。

セリエAユニホーム一覧<楽天メモラビリア>


ユベントスは前からプレスをかけ、ボールを奪う動き。
前線はイブラヒモビッチとネドベド、カモラネージがフリーに動いてボールを呼び込み、ビエラとエメルソンがアドリアーノを押さえて仕事をさせなかった。

前半は静かに、圧倒的にユベントスが中盤を支配した。

いいタイミングでボランチの位置からビエラがPA内に上がってきてインテルDF陣にプレッシャーをかける。

時に空くバイタルエリアにイブラヒモビッチが入り込みポストプレーでチャンスメイク。

イラついたインテルDFマテラッツィは次第にファールを犯し、前半39分くらいにイブラヒモビッチの足にスライディングタックルを食らわし、彼の魔法の足を破壊した。

ユベントスユニホーム一覧<楽天メモラビリア>


インテルは、前半何もできず。
中盤がまったく機能せず、ゲームをつくることができなかった。

ピサーロもミスを繰り返し、カンビアッソもダメ。

スタンコビッチ・フィーゴも機能せず、頼みのアドリアーノにボールを回すがカットされ前半は見るところなし。

後半はフリオ・クルス、レコバを投入して得点を奪おうと狙ったがゴールは遠かった。

雨ということもありゲームもそこまで盛り上がらなかった。
セリエAのゲーム、それもイタリアダービーでこれとは・・・
プレミアの方がはるかに面白いと感じてしまった。

インテルユニホーム一覧<楽天メモラビリア>


ユベントス:4-4-2 インテル:4-4-2
ユベントスメンバー
FW:9イブラヒモビッチ、17トレゼゲ
MF:11ネドベド、8エメルソン、4ビエラ、16カモラネージ
DF:19ザンブロッタ、28カンナバーロ、21テュラム、20ブラージ
GK:32アッビアーティ
(左サイドから書いてます)

インテルメンバー
FW:10アドリアーノ、30マルティンス
MF:5スタンコビッチ、8ピサーロ19カンビアッソ、7フィーゴ
DF:16ファバッリ、25サムエル、23マテラッツィ、2コルドバ
GK:12ジュリオ・セーザル
(左サイドから書いてます)








スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/414-c20f5a83

トレゼゲ

沢山の人々からのリクエストにお応えしてトレゼゲのティッカーを作成しました。 最近...

  • [2005/10/07 16:36]
  • URL |
  • GoodsRSS-スポーツ選手最新情報 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。