スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバプールVSチェルシー ミスに泣く<サッカー:プレミアリーグ> 

リバプール 1 VS 4 チェルシー

点数ほど圧倒的な差はなかった。
勝負を分けたのはミスの多さ。

リバプールDF陣が肝心なところでミスをしたこと。
前半25分トラオレがクリアボールをドログバにカットされ、これに焦ってドログバにPA内でスライディング。
これがPKとなって1点献上。

チェルシーユニホーム一覧<楽天GBメモラビリア>


前半42分は左サイドのスペースをドログバに突かれる。ヒーピアをドログバがフェイントでかわし、PA内左サイドのダフへマイナスグラウンダークロス。これをスライディングシュート。2点目。

後半17分にはデル・オルノのスルーパスに反応したドログバがPA内にドリブル。出てきたGKをかわしてシュート。これをコールが押し込み3点目。

リバプールユニホーム一覧<楽天GBメモラビリア>


後半36分左サイド、ドログバのクロスを中央ロッベンがシュートし損ね、ファーのジェレミが流れたボールを押し込み4点目。

リバプールが攻めまくっている中でのカウンター。
DFのサイドのスペースを突かれて失点するパターン。

ヒーピアの調子も悪そうでキャラガーだけがキレた動きをしていたように思えた。

チェルシーの攻撃は散発で、エッシェンが前からプレスをかけ、リバプールDF陣をあわてされるシーンが何度かあったが、それでもあまり攻撃が機能していたようには思えなかった。

しかしチェルシーの守りは堅く、DFラインの前でボールが回るだけのリバプールはあまり怖いとは感じなかったであろう。

後半25分のリーセのシュート。
同27分のクラウチのシュート。
これらは決定的だったが、見事にはずしてしまった。

シャビ・アロンソ、ジェラードが見事なパスでゲームをつくり、またルイス・ガルシアのスルーパスやクロスなどチャンスを作ったが得点にまでは至らなかった。

前半35分のリーセ左CKを中央でキャラガーがファーに流しこれをジェラードが決めて1点返しただけ。

チェルシーをストップしてもらいたかったんですけどね。






  • サッカーユニ多数 GBメモラビリア

  • 楽天スクデット サッカーユニ多数

  • 日本代表グッズ一覧ユニホームから小物までby 楽天スポーツショップ加茂




    スポンサーサイト

  • Comments

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/425-e925a97c

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。