スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新チーム立ち上げのための新チーム <WCCF> 

とりあえず、ヒゲさんにもらった監督カードがあったので、
試しに新チームを立ち上げてみた。

基本は「D」連携チーム。

WCCF European Clubs 2004-2005 オフィシャルカードバインダー

フォーメーションは4-4-2。

FW:キラアンリ(D)、キラクレスポ(D)
MF:左SMF:キラC.ロナウド(J)
   DMF:カンビアッソ(D)、ダクール(D)、ジャンニケッダ(K)
DF:ロメロ(A)、ボウマ(A)、ファーディナンド(A)、トゥーレ(A)
GK:キラブッフォン(L)
SUB
FW:ルイス・ガルシア(D)
MF:ジェレミ(E)
DF:キャラガー(L)、マルチェナ(C)、メクセス(D)
(左サイドから書いてます)

アンリ-C.ロナウド、クレスポ-C.ロナウドは呼び出し1回成功&1試合で薄線付きました。
クレスポ-ジャンニケッダは何もせず1試合で薄線。
彼らはラツィオつながりの特殊連携ありと思われます。

ダクール-メクセスも何もせず1試合で薄線。且つメクセスはSUBでしたから、これもフランス&ローマの特殊だろうと思います。

10試合を過ぎてから、中盤底から前線には薄線が付いた。
DF陣もA連携の選手たちは全員薄線で繋がった。

アンリ-クレスポは現在太線。
中央で二人のパス交換とスルーパスによる得点がよくありますので、
勝手に太線まで行きました。

このチームで使ってみてよかった選手は・・・
①当然
ジャンニケッダ(01-02)
②びっくり
ダクール、ロメロ

ダクールはパス良し、奪取良し、攻め上がり良しの3拍子そろった選手。ポジショニングも良く外せない存在です。

ロメロも左サイドを守り、守備の安定を図ってます。
攻め上がりはほとんどせず、安定感のあるつなぎのパスを出します。

存在感がない選手
カンビアッソ、マルチェナ、メクセス、ジェレミ。
もう少し様子を見て、次のチームに入れるか考えます。

で勝敗はというと・・・

8勝1敗2分

立ち上げたばかりということを考えると、上出来。
1敗はキングスカップに出て決勝で練習グラフパンパンのチームと対人戦だったから。それでも1点は取れたので良かったことにしよう。

アンリ、クレスポはやはりいい。
経験の溜まりも普通の速さで、決定力も高い。
二人ともでドリブル突破できるし、ダイレクトもうまい。
やっぱ楽です。

C.ロナウドはというと・・・微妙。

アニさんが言われていたように使えないかも・・・

C.ロナウドのドリブルって、直線的なんですね。
ロッベンやアンリ、クレスポはプレスボタンでクネックネッと
動くのですが、彼は無視。

ストレートに動いて簡単にボールを奪取される。

でも結構アーリークロスを上げるし、中央へスルーパスも出す。
切れ込んでマイナスクロスも1回ほどあった。

まだ10試合程度なので、もう少し様子を見ます。
このチーム20試合限定で考えてますので。

ゲットしたカード
白:カルボーニ

「WCCF」と入れればオフィシャルバインダーの購入ページに飛ぶことが出来ます。


セガダイレクト

スポンサーサイト

Comments

クレスポ

こんばんは。NET侍です。
最近は本当にクレスポが流行ってますね。
それも初期のクレスポ。

クロスさえ入ってしまえば、ゴールエリアの荒鷲の
餌食たるところなんでしょうか。

中盤って何もMFを置く必要性って無くて、
私の場合なんかそうですが、攻撃参加可能なDF属性の
選手を多く起用しますよ?

キブとか、リーセ、ザンブロッタとか、スカローニとか。
これで結構、中盤のポゼッションが上がるものです。
イコール、攻撃のチャンスも増えるって感じですね。

最近、サイド突破が流行りですし、
あっという間に2,3点を取られたりしますね。
点を取られないで、且つ点を取りに行くには、相手の
中盤を徹底的に潰せる選手が本当に重要だなぁと
つくづく感じております。

NET侍さんへ

クレスポ、はやっているんですか、知りませんでした。

私が使い出したのは、もちろん連携がメインですが、ホームで02-03の黒クレスポを使っている常連さんのチームを見たのもあったから。

黒でもドリブル突破・クロス・シュートとすべて良し。(どうも組み合わせによって働かないときがあるみたいですが、まあうわさ程度です)

で、BSクレスポを持っていたので使ってみたところ、ダイレクトシュートはもちろん、スルーパスをアンリに通すわ、クネクネとドリブル突破するわで大活躍。

左サイドからの得点よりもクレスポ&アンリのコンビによる中央突破からの得点の方が多いのが実態です。


中盤ですが、4枚のMFのうちC.ロナウドを除いて3人が守備的MF。
もちろんダクールはCMFですけど。つまりほぼ3人が守備に偏っているという構成。

トレス・ボランチで中盤でプレス、奪い取って左サイドもしくは前に預けて攻撃するというもの。
カウンターサッカーに近い戦い方ですね。

中盤の選手の中でモチベーションの低いがいたら、キャラガーやメクセスを入れてます。彼らには攻撃は期待してません。つなぎのパスさえ出してくれればいいという程度。

中盤でつぶし、ボールポゼッションをあげて敵の攻撃を封じ、こちらの攻撃を続けるという、NET侍さんの意見と私も同じです。

私の場合は、DFよりもスタミナの多いDMFを入れて中盤でプレスしまくるというもの。

やはりジャンニケッダは外せないですね。今までのチームには必ず入れてました。彼は連携に関係なく良く動きボールを奪い取って確実に見方につないでくれます。

01-02のジャンニケッダの方がファールが少なく、うまくボールを奪い取ってくれる印象があります。

言いたいこと

全て言われました(;o;)

ごめんなさい

コメントが、ひとつのブログねたになってしまいました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/449-3d2fd445

EPCにローカルの覇者が2チームも・・・

 どうか押してください←出勤前のキャバ嬢2人とお茶をしつつ、語り合いました。「

  • [2005/10/28 22:08]
  • URL |
  • NET侍 WCCF ブサ男 |
  • TOP ▲

LOCAL 勝ちました 4度目?

いやぁ、4回目のローカル制覇です。せめてエリアチャンピオンシップで、5回戦ぐらい

  • [2005/10/31 21:41]
  • URL |
  • NET侍 WCCF ブサ男 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。