スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカVS日本 セントラルMF次第か<サッカー:日本代表> 

アメリカ 3VS2 日本

昨日は土曜日なのに仕事だったので、ついさっき録画していた試合を見た。

皆さんご存知のように、前半10分までと後半14分1点を取ってからが日本のペースだった。

日本代表グッズ一覧

日本がその間ダメだったのは下記の理由ではないかと私は思う。

①DF・MF・FWの3ラインが間延びしてボールをつなぐことが出来なかったこと

特にFW久保とMF小笠原、小野が前線に残る形が多く、加地・サントス・福西・遠藤がそれをフォローできなかった。

アメリカのサイド攻撃によりサントス・加地がラインを上げられず、3-6-1のはずが7-3という形になり、FWとMFの間が開いて前線へロングパスを出さざるをえないことになった。

②日本の3バックを研究され、サイドのスペース突かれた攻撃をされたこと

私が監督でも3バックの両サイドのスペースを突くのは当たり前。
サイドをえぐったり、アーリーからのクロスで日本DF陣に揺さぶりをかけた。
アメリカの両サイドとも正確なクロスを上げたため、加地・サントスがこれをケアするのに意識を集中した。

田中も加地のスペースを消そうとしてサイドに引っ張りだされるパターンがあった。

日本代表オフィシャルグッズショップ 楽天BLUEZ


③アメリカのプレス・寄せが激しく、数的不利な状況を局面ごとに作り出されたこと

ルーズボールは拾えないし、拾ってもすぐ奪われる。
PA内にはDFよりもアメリカ攻撃陣の方が人が多いというのが何度も見られた。

またクリアしても相手の方が早く来るのでマイボールに出来ない状況が続いた。


④チームリーダーの不在

誰がプレスの指示を出し、誰がラインを上げろといい、誰が攻めの形を作るのか、決まっていなかったと思う。

小野がセントラルMFの位置に収まってからは、彼のテクニックにより攻めの形を取れ始めて1点目が入った。

小野が代わってからは長谷部がその役目を行った。

調子に乗っているときは問題ないが、調子が悪い時に誰がどう指示を出すのか、ピッチ内の監督が存在していないのは大きな問題だ。

現代サッカーでは、セントラルMFがその役目を果たす。
ここにリーダーシップを取れる人材を持ってこないとチームとして常に機能するのが難しい。

やはり日本人気質から離れた中田が必要だということだろう。






  • FC2 Blog Ranking

  • 人気blogランキング:ダンナは何位?

  • サッカーマニアランキング

  • スポンサーサイト

    Comments

    お久しぶりです。少しだけコメントを残します。
    ④で小野があそこで試合を落ち着かせた瞬間に本山と交代させた采配に恐ろしく不安を覚えました・・

    記事が載ってましたヨ

    http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で記事が紹介されていたので、見に来ちゃいました。(^^)また見にきまーす。

    nobutaさんへ

    お久しぶりです。
    コメントありがとうございました。

    小野の交代は本当にびっくり。
    ジーコは小野の病み上がりの足を気にしたのかなと思っています。

    彼の足はガラスの足ですから。

    久保も然り。
    彼の腰を考えての後半開始での交代だと考えてます。

    日本に足りないのは、小野のようなセントラルMFですね。

    HOLIZONさんへ

    ご訪問ありがとうございます。

    このブログランキングは初見です。
    私は登録してませんので、なぜ掲載されたかは不明です。

    どなたかが紹介してくださったのでしょうか。

    HOLIZONに教えてもらったので、早速リンクを張りましょう。

    ありがとうございました。
    またのご訪問をお待ちしております。

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/572-5b9a471c

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。