スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表について 

中田の得点でなんとか最後に追いついた、このボスニア・ヘルツェゴビナ戦。

チャンスを生んでいたのは、中村俊輔の左足。

もちろん、前半に良く見られた中田のサイドチェンジも素晴らしかった。

日本代表グッズ一覧

後半の日本は、ボスニアにやられっぱなしの印象。

ボスニアの中盤がコンパクトになって、プレスがかかり始めた段階で、日本は何もできなくなった。

ボスニアは、コンパクトになった中盤を生かして、パスをすばやくつなぎ、両サイドバックのウラのスペースへ大きなパスを通したり、スルーパスを狙っていた。

日本代表オフィシャルグッズショップ 楽天BLUEZ


もちろん、前半からも加地・サントスの裏を狙ったパスは何度も出ていた。

危ういところで得点されなかっただけ。


DFラインが不安定になってボスニアの1点目は生まれた。
中澤が中盤の位置まで前に出て、そのウラを1・2で抜かれたところをストップしようとしてPK(あれはPKじゃなくシミュレーションだけど)。

中澤は何度も中盤に出て、裏のスペースを宮本が埋めるということをやっていたが、そのせいで不安定になった。

両サイドバックのスペースを狙われたことも、もちろん関係している。
宮本・中澤の精度の低いショートパスも。

全てにおいて、サイドを何回も崩され、DFラインが浮き足立ったことによって悪い循環が働いたと思える。

もう少し、守備に偏った人間をバイタルエリアに置くべきではないだろうか。
中盤底の全員が、セントラルMFの動きをしていたように見えた。

中盤で守備にバランスを置く人間が必要だと思える。
特に中田を中盤のキーマンとして置くのならば。

  • FC2 Blog Ranking

  • 人気blogランキング:ダンナは何位?

  • サッカーマニアランキング

  • スポンサーサイト

    Comments

    初めまして

    少し前にこちらを見つけました。
    同郷だったのでビックリ!!
    また来ま~す♪

    Comment Post















    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    Trackbacks URL
    http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/586-8fe4d75b

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。