スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミランVSブレシア ウォメのシュートに勝点3を阻まれる(第30節) 

(H)ミラン 1VS1 (A)ブレシア。後半42分のウォメシュートにより、痛い勝点1。
眠くなる試合展開。ゲームの支配はミランで、パスは回せるがゴールは遠い。Shots on goalはミラン1に対してブレシア6。シュート数もミランよりブレシアの方が多かった。下手をすれば負けていたかも。カラッチョロがシュートをちゃんとミートしていたら・・・そういうシーンが何回もあった。
なぜミランがゲームを支配しておきながら、勝ちきれなかったのか。それはシュートしていないからである。後半はshots on goalは0。玉は回せるがシュートまでいけない。今回のミランでひどかったのは、パスミス。ピルロにしてもルイコスタにしてもパスミスが多く、パスがいいところで繋がらない。且つ自陣に近い中盤で取られたシーンが何回もあった。前半はカフーが良く上がって、クロスを上げていたが、後半はあまり姿を見られなかった。左サイドのセルジーニョもクロスをあげる前につぶされるし。パスミスが多く、カフーは上がれなかったのではないか。シェバとルイコスタも息が合わないシーンが何回もあったし、ルイコスタのドルブルはよくとめられてたし。CLの疲れがたまっていたのか、格下だとなめていたのか。
ブレシアは、前線からプレスをかけ、後ろはスペースを消すため5バックに近いこともしていた。攻めはカラッチョロとスタンケビチュスという背の高い2人を並べて空中戦で勝ち、ポストで展開というもの。カラッチョロはヘディングでコスタクルタにほとんど勝っていた。彼がシュートをもっと落ち着いて撃っていたら、結果は変わっていただろう。
こんなゲームをしていたら、セリエAもCLも取れないぞ、ミラン。
前半1分中央底ピルロ→左サイド、セルジーニョ→左前スペース、セードルフ、ダイレクトでグラウンダークロス→ゴールニア、シェバ、スルー→PA中央に後ろから走り込んできたトマソン、ダイレクトシュート→ゴール右へ外れる。セードルフのクロスに対して、シェバとトマソンがクロスしながらダイアゴナルにPAに入ってきた。この動きでシェバはトマソンが後ろにいることがわかり、スルーしたのだろう。トマソン、これは決めないと。だから引き分けるのよ。
同14分左PA外ルイコスタ、切り返して前に出、ミドルシュート→ゴールバーに当りそのまま右サイドネットに突き刺さる。1VS0。ルイコスタの切り返しに、スタンケビチュスが滑って転び、マークを外してしまった。ルイコスタ、今季初ゴール。
同19分左サイド、セルジーニョ→左前セードルフ→パス&ゴーで左サイドスペース、セルジーニョ、ダイレクトで戻す→セードルフ、そのままPA内に持ち込みシュート。ゴール右に外れる。先ほどのルイコスタシュートとほぼ同位置。
同25分コーナーこぼれ玉、右サイド、マルティネス、クロス→DFに当ってこぼれる→ミラネット、走り込んできてPA内左よりシュート。ジーダ正面。
同32分ピルロPA外右よりFK→グラウンダーFKをシェバ、シュート。ゴール右へ外れる。
同36分中央ウォメ→PAライン上中央ザンブレッタ、ヒールで落とす→カラッチョロ、シュート。ジーダセーブ。
同38分左サイド、ウォメ、クロス→スタンケビチュス落とす→PA内サークル前カラッチョロ、シュート。ゴール上へ外れる。
同41分左サイドよりクロス→カラッチョロ、ヘディングシュート。ゴール上へ外れる。
後半8分ミラネット、せこいFK。ディビアッジョ、ウォメがFKのフリでミラン壁が前に出てるといちゃもんつけてる間にFK。
同16分トマソン→アンブロジーニ(シェバの1トップ。セードルフ左、ルイコスタ右のクリスマスツリーフォメ)
同21分ザンブレッラ→ショップ
同24分セードルフ→パンカロ(セルジーニョをMFへ上げる)
同32分ソボリ→ダッラマーノ
同33分デルネーロ→マンニーニ
同41分右サイド、ミラネットFK→こぼれ玉、スタンケビチュス後ろに戻す→PA外中央左よりウォメ、低いシュート。ゴール右へ決まる。1VS1。
同42分ガットゥーゾ→クレスポ
ミランフォメ:4-3-1-2。ブレシアフォメ:3-6-1。
ミランメンバー
GKジダ
DFセルジーニョ、コスタクルタ、ネスタ、カフー
MFセードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、ルイコスタ(3-1)
FWシェフチェンコ、トマソン
ブレシアメンバー
GKカステラッツィ
DFドミッツィ、ディビアッジョ、ソボリ
MFウォメ、ミラネット、マルティネス、デルネーロ、ザンブレッラ、スタンケビチュス(3-3)
FWカラッチョロ
両チームとも各ポジションは左サイドから書いています。
楽天スクデット サッカーユニ多数

いやあ、ユベントスもヴィオラと引き分けですな。こっちは点の取り合いで3VS3。ミッコリ復活途中出場、中田は出番なし。ミランは運がいいね。勝点差は広がらなかったよ。なーんか両チームともうまくいってないようだね。やっぱりCLの影響かな。
そして、フィオレンティーナ。もしかして来期降格しているかもしれませんな。あれだけ補強しても結果が出ず。まあ組織が成熟していないところに更に冬のメルカートでまた大量補強。降格圏近くにいるし、勝点差もほとんどない。あれだけの選手がいるんだから冬では補強せずに、まず組織的に動くよう連携を高める方が重要だと思うんだけどね。ミランやユーべ、バルサを見れば組織的な動きがどれだけ重要かわかると思うんだけどな。

スポンサーサイト

Comments

TBありがとうございました。
ルイ・コスタのゴール、素晴らしかったです。
ただ、勝てないと喜びも半減です。
チームがいまいち集中しきれていなかったのは、チャンピオンズリーグの試合の前後だったという影響もあったのでしょう。
とにかく準決勝に進出できて良かったです。

ちなみに、ブレシア戦のルイ・コスタの「ガゼッタ」での評価は、なんと「7.5」でした。
素晴らしい!

TBありがとうございます。
こんなゲームをしていたら、セリエAもCLも取れないぞ、ミラン。この気持ちすごく良く分かります^^;。

ルイコスタはスーパーゴールでしたねww。

TBありがとうございました。
CL順調に突破おめでとうございます。
やっぱ、強いですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/62-7dfc7246

ルイ・コスタ、今季初ゴール!

 やりました!ルイ・コスタ今季初ゴール! ドリブルで中央から左サイドへ、その後少し内へ切れ込み、右のインフロントでカーブをかけてGKの頭の上を越え、バーに当たりながらもボールはゴールの中へ。 深夜なので、親に迷惑にならないよう静かに大騒ぎ。 半狂乱。 そ

  • [2005/04/13 21:26]
  • URL |
  • ポルトガルサッカーのすすめ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。