スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり死のリーグ 

試合はアルゼンチンの勝利。
しかしコートジボワールの出来は悪くなかった。

中盤の底、バイタルエリアをマスケラーノが良く守り、ボールが入っても素早く囲んでボール奪取を行っていた。
後半バテるまでコートジボワールのチャンスをつぶしていたのが印象に残っている。

コートジボワールは効果的に上がってくるゾコラがいいパスを出しており、カルー、ドログバの動きは良かった。

一番目を引いたのが、ケイタ。

予選ではまったく使われていない彼が、バンバンゴール前に現れ、いい攻めを見せていた。
秘密兵器ですな。

アルゼンチンの組織的な守備がすばらしい。
ソリンが左SBだったり、左ウィングバックになったり、ボランチになったり。
彼の運動量がチームにプラスになっているのは目に見えてわかる。

CBがコートジボワールのFWにプレッシャーを仕掛けるときは、その上がったスペースをボランチが下がってカバーしていた。
この辺は日本代表も良く見て真似して欲しい。

中澤が上がったスペースを誰が見るのか。
攻撃だけでなく守備も優秀なアルゼンチンを見習って欲しいものだ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sisitoku.blog5.fc2.com/tb.php/684-6df5316a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。